一途男子を演じる、コ・セウォンに大注目の作品!

最高視聴率14.7%!
真実を隠し通すために、立ち向かうシングルマザー。
あらゆる壁にぶつかり奮闘する物語!

「愛を抱きしめたい」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

Sponsored Links

韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「愛を抱きしめたい」(118話~120話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

愛を抱きしめたいの相関図・キャスト情報はこちら

★愛を抱きしめたい-あらす118話

サンホは、恵まれなかった幼い時代の話と、パパグループのために献身的に働いたと話す。
そして、善処を求めるのだった。

 

ウニとミンスは、ウジュにソニョンのことを頼むが…
ソニョンは、ヨーロッパにある支社に行く計画を立てる。

 

一方、サンホの最後の裁判が始まる。
判事は、一通の嘆願書を取り出すが…

★愛を抱きしめたい-あらすじ119話

自分の罪を後悔して、サンホのことを忘れると決めたダヒ。
そんなダヒとは違って、ヘインが書いた嘆願書の内容に、サンホは不満を感じる。
さらに、刑務所を出ようと考えるのだった。

 

一方、ヘインとジョンフンは幸せな婚約式を挙げる。

そんな中、ナ会長はアヨン・ホヨンと一緒にサンホの面会に行くが…

 

★愛を抱きしめたい-あらすじ120話

パパグループの50年の歴史が書かれた本が、出版される。
ナ会長とミンス、そして会社の人たちは乾杯するのだった。

 

一方、留学に行くヘイン。

 

ダヒは、チュンボクからソニョンが、ヨーロッパの支社に行くと聞く。
そして、ソニョンの事務室を訪ねるが…

★愛を抱きしめたい-118話~120話の感想

ヘインが、嘆願書を書いてくれたのに…
不満の感じるサンホは、本当に最低(>_<)

 

でも、サンホとは違って自分が犯した罪を反省する姿を見せるダヒ…!
似た者同士だと思ったけど、サンホの方が悪い人だったね(笑)

 

終盤どうなるのかな…!

★愛を抱きしめたい-次回のあらすじ

ソニョンが、ヨーロッパにある支社に行ってから4年後。
一方、ヘインは自分が勉強した心理学の分野で認められて…

愛を抱きしめたいのあらすじ(121話~122話最終回)はこちら

★愛を抱きしめたい-全話一覧

愛を抱きしめたい-あらすじ全話一覧はこちら