時代劇のヒット作品を生み出した、脚本家キム・イヨンと監督キム・サンホがタッグを組む!

波乱万丈の人生を歩んだ貞明公主。
そんな悲劇の女王の生涯を描く、スペクタクルストーリー!
チャ・スンウォンやキム・ジェウォンなど、豪華キャストも話題!

「華政(ファジョン)」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

Sponsored Links


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「華政(ファジョン)」(34話~36話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

華政(ファジョン)の相関図・キャスト情報はこちら

★華政(ファジョン)-あらすじ34話

明が敗北した一報が届くと、綾陽君は謀反の準備に備えようとする。
しかし、貞明公主が綾陽君に同調しないと明言したため、そのことで西人派の間に動きが騒がしくなる。

 

その頃、明と後金双方から圧力をかけられていた光海君は、どう動けばよいか悩んでいた。

 

そんな中、ゲシと取引をしていたイヌは「王を助ける方法がある」と貞明公主に伝える。

 

王を助ける方策は、イヌと婚姻することだと伝えるゲシ。
ゲシの話を聞いた貞明公主は婚姻を拒否するが、光海君が孤立していると分かると意思が揺らぎ始める。

 

一方、イヌは綾陽君が次期王座に就くよりも、貞明公主の義父になって光海君と接する方が安全だと進言する。

★華政(ファジョン)-あらすじ35話

朝鮮兵の捕虜を引き渡してもらいたい光海君は、後金と和平関係を結ぶことを宣言する。
光海君の選択に西人派や支持基盤の大北派は、断固反対する。

 

そんな中、綾陽君が民を使って火器都監を急襲させようとする。
その場にいた貞明公主は顔を負傷し、暴動は一段落する。

 

暴動を引き起こした民をどうしても説得したい貞明公主。

 

貞明公主は彼らに光海君が捕虜を助けようとするのは民の命を尊いと考えるあるべき王の姿だと訴え、真実を見定めてほしいと伝える。

 

★華政(ファジョン)-あらすじ36話

イヌとの婚姻を、光海君に懇願する貞明公主。
貞明公主を犠牲にしたくない光海君だったが、貞明公主は婚姻は光海君のためではないと進言する。

 

その頃、後金では捕虜にしていた朝鮮兵を処刑しようとしていた。
ジュウォンらが処刑台に乗せられると、ギリギリのところで後金から使者が現れて処刑は休止となる。

 

後金の兵に紛れ込んでいたジャギョンは、投獄されようとするジュウォンを救出し朝鮮へ向かう。

 

朝鮮軍を助けるために貞明公主の懇願を受け入れた光海君だったが、宮廷にゲシを呼び戻して最良の選択をしたいと告白する。

 

その頃、貞明公主の動向を注視していたジャジョム。
とうとう、綾陽君を次期王に据える計略を実行しようとして…

★華政(ファジョン)-34話~36話の感想

やっぱり貞明公主は、綾陽君に加担しなかったね!
そして、ゲシ言うとおりにイヌは貞明公主との婚姻計画を進めた。

 

光海君の窮地に立たされた状況を考えると、貞明公主も婚姻を受け入れそうな展開。
でも、そんな思惑通りに事が運ぶかなぁ…。

 

光海君が後金と和平関係を結んだおかげで、処刑されようとしていたジュウォンたちがギリギリのところで助かった!

 

早くジャギョンと一緒にジュウォンも朝鮮に帰還してほしいー。

 

そして、綾陽君を次期王に据える計略がスタートしちゃうけど、未然に防ぐことができるのか?

★華政(ファジョン)-次回のあらすじ

無事帰還したジュウォンに、是が非でも貞明公主を取り戻して朝鮮と火器都監を守り抜きたいと伝える光海君。
光海君の意を汲んだジュウォンは…

華政(ファジョン)のあらすじ(37話~39話)はこちら

華政(ファジョン)-全話一覧

華政(ファジョン)-あらすじ全話一覧はこちら