時代劇のヒット作品を生み出した、脚本家キム・イヨンと監督キム・サンホがタッグを組む!

波乱万丈の人生を歩んだ貞明公主。
そんな悲劇の女王の生涯を描く、スペクタクルストーリー!
チャ・スンウォンやキム・ジェウォンなど、豪華キャストも話題!

「華政(ファジョン)」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

Sponsored Links


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「華政(ファジョン)」(37話~39話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

華政(ファジョン)の相関図・キャスト情報はこちら

★華政(ファジョン)-あらすじ37話

無事帰還したジュウォンに、是が非でも貞明公主を取り戻して朝鮮と火器都監を守り抜きたいと伝える光海君。

 

光海君の意を汲んだジュウォンは、命がけで光海君と戦い抜く覚悟をする。
その頃、宮廷からヨジョンの姿が消え、ゲシは自分のせいで光海君が危機にさらされたと悟る。

 

一方、光海王が密命を出していた証拠を、西人派に突きつけて挙兵を煽る綾陽君。
また、貞明公主を監禁したしたジャジョムは、仁穆大妃を脅迫して謀反に同調するよう脅す。

 

同じ頃、光海君は火器都監と貞明公主を守り抜くために、イヌへある指示を伝えていた。
火器都監の職人たちと一緒に、ジュウォンは緊急事態に備えようとするが…。

★華政(ファジョン)-あらすじ38話

この機に乗じて、謀反を起こす綾陽君。
しかし、イヌが先頭に立って宮廷の正門から便殿まで攻め込むが、玉座に光海君は見当たらなかった。

 

一方、無事助け出された貞明公主は、光海君が自分の保身をかけて自分と火器都監を守り抜いたと分かり、救出に向かおうとするが、イヌが制止されてしまう。

 

譲位を決心した光海君は、内密に宮廷を脱出して貞明公主に会い、生き残ってこれからの朝鮮を守り抜いてほしいと懇願。

 

その頃、宮廷を占拠した反乱軍が光海君の行方を捜していたところに、イヌが光海君を宮廷まで連行する。

 

その後、光海君は廃位され、イチョムら大北派の重臣やゲシも捕獲されてしまう。
こうして、次期王座には綾陽君が就くこととなる。

 

★華政(ファジョン)-あらすじ39話

光海君の求心力を奪うため、仁祖は火器都監の人員を後金と水面下で通謀していたとでっち上げ、捕獲する。

 

無実にもかかわらず拷問を受けるジュウォンらを救出しようと、貞明公主は宮廷前に座り、かれらの無実を主張する。

 

すると民心が徐々に集まり出し、貞明公主の狙いどおり綾陽君はやむを得ず火器都監の人員を解放する。

 

その後、ゲシやイチョムら大北派の重臣は斬首刑に処せられ、光海君は流刑となってしまう。

 

流刑先へ連行される光海君を見つめる、ジュウォンと貞明公主。
二人は、光海君が成し遂げられなかった志を引き継ごうと固く胸に刻む。

★華政(ファジョン)-37話~39話の感想

ジュウォンが無事朝鮮に帰還した!
光海君と一緒に戦い抜く覚悟をしていたジュウォンだったけど、謀反を覆すことはできずに綾陽君が次期王座に就いちゃった…。

 

光海君は志半ばにして流刑かー。
ジュウォンと貞明公主は、この状況を打開できなくて悔しそう。

 

光海君の意志を胸に刻んで形勢逆転してほしいなー。
とりあえず、濡れ衣を着せられていた火器都監の人員が解放されてホッとした!

 

このまま黙っている貞明公主じゃないよね!

★華政(ファジョン)-次回のあらすじ

頻回に渡る謀反の投書に悩まされていた仁祖。
しかし、この騒動は政敵を排除して自分の求心力を強めるために…

華政(ファジョン)のあらすじ(40話~42話)はこちら

華政(ファジョン)-全話一覧

華政(ファジョン)-あらすじ全話一覧はこちら