メイン
日本でも大人気なSHINeeミンホと、人気俳優パク・ソジュンが出演!!

愛と情熱を描いた時代劇!!
人間の成長が描かれている青春ストーリー。

「花郎(ファラン)」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

Sponsored Links

韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「花郎(ファラン)」(16話~18話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

花郎(ファラン)の相関図・キャスト情報はこちら

★花郎(ファラン)-あらすじ16話

ソヌとアロの関係を知って、怒りを感じるサムメクジョン。

 

ウルクと一緒に、疫病の治療をしていたアンジ公。
疫病に効く薬を、ヨンシル公が買い占めていると知る。

 

一方、ヨンシル公に指示され、ソヌに襲い掛かる刺客。
その頃、寝ていたヨンシル公に、剣を突きつけるサムメクジョンだが…

★花郎(ファラン)-あらすじ17話

ヨンシル公に送られた刺客に襲われ、ソヌは気を失う。
次は本当に殺してやる!とヨンシル公に言って去っていった、サムメクジョン。
新羅の本当の王になると、決心する。

 

疫病の薬を、ヨンシル公が買い占めていると知ったアロ。
その事実を、ウィファ公に伝える。

 

一方、自分の気持ちを確認するために、眠っていたソヌに近づき、口づけをする公主。
そして、そんな二人を見てしまうアロ。

 

そんな中、アロを呼び出し、彼女を源花にすると話すチソは…

 

★花郎(ファラン)-あらすじ18話

自分を源花にすると話す、チソに驚くアロ。
チソとフィギョン公の話から、ソヌがフィギョン公の息子だという事実が明らかになる。

 

ヒョンジェから、ソヌを殺すようにと命令され、毒薬が塗ってある剣を突きつけるタンセ。
しかし、その剣をソヌの代わりに握ったハンソンは、結局死んでしまう。

 

一方、アロに会いに行くソヌ。
そんなソヌに向かって、飛んでくる矢を見て、ソヌの代わりに当たって倒れるアロ。

 

一方、自分が真興王だと明かすサムメクジョン。

★花郎(ファラン)-16話~18話の感想

ソヌがフィギョン公の息子だったなんて!!!
びっくりした!!o(*’o’*)o

 

そして、ソヌの代わりに矢に当たったアロ…
大丈夫かな…心配( ;∀;)

 

一方、自分が王だと明かしたサムメクジョン!!!
次の展開がどうなるか、とても気になる!!!

★花郎(ファラン)-次回のあらすじ

準備中

花郎(ファラン)のあらすじ(19話~20話最終回)はこちら

★花郎(ファラン)-全話一覧

花郎(ファラン)-あらすじ全話一覧はこちら