ドラマ「信義」でデビューし、若手人気俳優のユン・ギュンサンが主演!

死刑囚にさせられ、さらに脱獄囚にされた一人の男。
そこからニセの刑事になり、復活を遂げていくストーリー!

「疑問のイルスン(疑問の一勝)」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

Sponsored Links

韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「疑問のイルスン(疑問の一勝)」(31話~33話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

疑問のイルスン(疑問の一勝)の相関図・キャスト情報はこちら

疑問のイルスン(疑問の一勝)-あらすじ31話

スチョルは、イルスンの正体を知ってしまう。
ジニョンに、ジョンサムを逮捕するよう命じるのだった。

 

一方、スランは、ジョンサムにあるメモを渡す。
チェ執事が、グァンホの不正を暴く重要証拠を隠したはずなのだ。

 

そんな中、隠された証拠はグァンホの手の中にあった。
グァンホは、必要なくなったチェ執事を殺すよう指示する。

疑問のイルスン(疑問の一勝)-あらすじ32話

チェ執事の隠した証拠を探すため、病院へ向かうジョンサム。
ジョンサムに心奪われた看護士が、協力してくれることに。

 

チェ執事がいつも礼拝している場所で、ノートを発見する。
しかし、そのノートはピルソンに奪われてしまう。

 

ソートを呼んだピルソンはほくそ笑み、ある計画を思いつく。
その後、ジョンサムのもとにピルソンから連絡が入るが…。

 

疑問のイルスン(疑問の一勝)-あらすじ33話

チェ執事のノートに、ジョンサムの母を殺せとの指示が書いてあったのだ。
理性を失い、怒りを露わにするジョンサム。

 

スランを連れてきたら、供述するというチェ執事。
認知症の症状がでたチェ執事が、事件の真相を話せる状態ではなくなる。

 

ジニョンは、失意のジョンサムのそばにいる。
ジョンサムは当時の記憶を振り返るのだった。

疑問のイルスン(疑問の一勝)-31話~33話の感想

母の死から、グァンホと関連があったんだ。
そんな昔から、ジョンサムの悲しい運命は始まっていたんだね。

 

チェ執事はいいよね~
悪いことしてもそうやって、病のせいで一瞬でも忘れることができる。

 

残された被害者はどうなるのよ!!
本当に極悪人だねグァンホは((+_+))

疑問のイルスン(疑問の一勝)-次回のあらすじ

スランが内密に、ピルソンのいる位置を教える。
その情報を得たヨンジェは…

疑問のイルスン(疑問の一勝)のあらすじ(34話~36話)はこちら

疑問のイルスン(疑問の一勝)-全話一覧

疑問のイルスン(疑問の一勝)-あらすじ全話一覧はこちら