注目の若手俳優チャン・スンジョが出演!

突然全てを失った一人の女性。
娘の夢を叶えるために、強く突き進んでいくストーリー!

「訓長オ・スンナム」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

Sponsored Links


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「訓長オ・スンナム」(112話~114話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

訓長オ・スンナムの相関図・キャスト情報はこちら

★訓長オ・スンナム-あらすじ112話

スンナムたちの話を聞いたソンジュは、部屋に入ってくる。
そして、会社を移転することに反対する。

 

理由を聞くソンジュだったが、そこにユミンが来る。
ユミンは不審に思い、スンナムたちがいる部屋を覗こうとしたのだが、間一髪のところでスンナムが出てくる。

 

その後、そこにいたドゥムルたちも出てくるのだが、余った靴を確認するユミン。

★訓長オ・スンナム-あらすじ113話

ボンチョルと一緒に事務所に来たセヒ。
ボンチョルは、ソンジュ・スンナムたちと一緒にいることを報告する。

 

そのことを知ったセヒは、ウンギルたちがした演技の事を思い出しイライラする。
すぐさまソンジュを連れてくるよう提案するのだが…

 

一方、出勤前にユミンと食事をするファラン。
そこで、自分がされたことについて話をするのだが…

 

★訓長オ・スンナム-あらすじ114話

スンナムたちは、記者会見を行なっていた。
そこに現れた、ボンチョルとユミンたち。

 

ソンジュは記者の質問に対し、答えをボンチョルに託すのだった。
心配するセヒだったが、ボンチョルはことば巧みに話し謝罪をしようとした。

 

しかし、それを止めるスンナム。
そして、1994年4月12日に起きた事故の目撃者を探す事を伝える。

★訓長オ・スンナム-112話~114話の感想

ユミンは、ソンジュがスンナムのところにいることを察知したね!
不気味な表情のユミンは、何を考えているのかさっぱりわからない~。

 

ボンチョルも、作戦を考えていたけど、いつも失敗しているから当てにならないw
その作戦に賛成していたセヒも、いい加減頭を使えばいいのに!

 

記者会見でスンナムたちが、1994年の事故の目撃情報を提供してほしいと言っていたけど、バレたらボンチョルも最後かな!
ユミンもそれを願っているように感じた!

★訓長オ・スンナム-次回のあらすじ

スンナムに殴りかかろうとしたボンチョルだったが、丁度そこにサイレン音がなる。
その音に安心したのか、ファランは強気でボンチョルに怒鳴るが…

訓長オ・スンナムのあらすじ(115話~117話)はこちら

訓長オ・スンナム-全話一覧

訓長オ・スンナム-あらすじ全話一覧はこちら