「私の名前はキム・サムスン」のチョン・リョウォンと元プロ野球選手のユン・ヒョンミンが主演!

エース検事とイケメン新人検事。
犬猿コンビの二人が、次々と事件を解決する法廷ドラマ!

「魔女の法廷」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

Sponsored Links


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「魔女の法廷」(10話~12話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

魔女の法廷の相関図・キャスト情報はこちら

魔女の法廷-あらすじ10話

ペク室長は、自分の弟を助けようとイドゥムに会いに行く。
イドゥムと取引をしようとするペク会長。

 

ペク会長の自供により、イドゥム母親の真相がすべてあきらかになる。

 

一方、女子高生殺人事件を口実に、ガプスに復讐を計画するイドゥム。
イドゥムとペク室長が一緒にいるところを、目撃したガプス。

 

憤りを感じるガプス。
ジスクもその事を知って、イドゥムをとめようとするが…。

魔女の法廷-あらすじ11話

イドゥムは、ペク室長の死の手掛かりがある、ブラックボックスを手に入れようとする。
車を売って大金を準備するが、すでにその映像はガプスの手に渡っていた。

 

一方、イドゥムの厳しい状況を心配したジヌクは、ある法律事務所を紹介する。
それはジスクの事務所で、イドゥムは困惑するが足を運ぶことに。

 

ジスクがガプスの調査を、ずっと続けていたことを知るイドゥム。
ガプスの調査をするためにイドゥムは、ジスクの事務所で働きたいと申し出る。
しかし、ジスクに断られてしまい…。

 

魔女の法廷-あらすじ12話

20年前に発生した性暴行事件の加害者が、ガプスの補佐官であったことが話題に。
イドゥムは、被害者の弁護士として、調査を始める。

 

担当検事のジヌクは、イドゥムの作戦を見透かす。
先輩後輩の関係とは違い、同等の立場で指示してくるジヌクに腹を立てるイドゥム。

 

客観的な陳述を確保しようとする、ジヌクとイドゥム。
事件の一番最初に連絡した人に、会いに行った二人は…。

魔女の法廷-10話~12話の感想

ついていないときは、とことんついていないんだよね。
イドゥムのピンチの時は、ジヌクが傍にいてくれているね。

 

何かと二人は揉め事も多いけど。
二人いいコンビでお似合いな気がする。

 

車まで売ってお金を作ったのに…。
結局はガプスにはかなわないんだよね!

 

早く真相が明らかにならないかな~!

魔女の法廷-次回のあらすじ

ジスクの事務所で出会ったヨンヒ。
ヨンヒを通して、キングダムの存在を知るイドゥムは…

魔女の法廷のあらすじ(13話~15話)はこちら

魔女の法廷-全話一覧

魔女の法廷-あらすじ全話一覧はこちら