「私の名前はキム・サムスン」のチョン・リョウォンと元プロ野球選手のユン・ヒョンミンが主演!

エース検事とイケメン新人検事。
犬猿コンビの二人が、次々と事件を解決する法廷ドラマ!

「魔女の法廷」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

Sponsored Links


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「魔女の法廷」(16話(最終回))のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

魔女の法廷の相関図・キャスト情報はこちら

魔女の法廷-あらすじ16話(最終回)

イドゥムは、母に会いに病院に向かう。
しかし、母は突然姿を消してしまう。

 

母は、ガプスに拉致されていたのだ。
ガプスは、母に会いたければ証拠の手帳をもってくるよう取引を持ち出す。

 

ガプスから母を救出しようと、冷静に作戦をたてるイドゥム。
病室で目を覚ました母は、娘の記憶はまだない。

 

しかし、イドゥムは大丈夫だと母を励ます。
一方、イドゥムから奪った手帳で総理を脅迫するガプス。

 

総理にも見放され、絶望したガプスは自殺を試みるが…。

魔女の法廷-16話(最終回)の感想

ヨンシルの記憶は、イドゥムと再会しても戻らないんだってちょっと心配した。

 

だけどよかった。
やっぱり裁判中にようやく記憶がよみがえり感動のハグ!
これで一安心だよ。

 

ガプスの転落ぶりも気分が良かった。
刑務所で落ちたご飯を食べた所は、なんとも言えなかった。

 

自分のみじめな姿に涙が出たのかな…。
イドゥムとジヌクのキスシーンは、かわいかった♪

魔女の法廷-全話一覧

魔女の法廷-あらすじ全話一覧はこちら