最高視聴率27.5%「青い鳥の家」の脚本家、パク・ピルジュが手掛ける作品!

絡み合う中年男女4人の愛憎劇!!
初々しい恋愛から、中年男女の恋愛まで幅広く描かれています!

「また、初恋(漆黒の四重奏)」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

Sponsored Links

韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「また、初恋(漆黒の四重奏)」(100話~102話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

また、初恋(漆黒の四重奏)の相関図・キャスト情報はこちら

★また、初恋(漆黒の四重奏)-あらすじ100話

ジャン代表の息子が死んだという事を知って、驚くミンへ。
ミンヘは、これ以上代表の弱みが無くなってしまうと思い困るのだった。

 

ジャン代表が、ガオンの事を心配する言葉に、妻はミンへに脅されて嘘をついていた。
そして、ハジンはガオンの手紙をジャン代表に見せると、複雑な気持ちになるのだった。

 

マルスンは、ガオンが誘拐された事を聞くと、この家から出て行けとミンへに怒鳴るのだが…

★また、初恋(漆黒の四重奏)-あらすじ101話

ドユンに会い、大声を出し問うハジン。
しかし、ドユンは安全装置をつけているから、心配するなと笑顔で話す。

 

それでもハジン心配するが、もうすぐ終わるからと落ち着いて話すドユンだった。

 

一方、ミンへはハジンを呼び出し、契約の話をだす。
そして、ミンへを脅迫するのだが…

 

★また、初恋(漆黒の四重奏)-あらすじ102話

ハジンは、催促するミンへに、あなたの好きにしていいから一日だけ時間が欲しいと頼む。
ミンへは了承し、時間をもらったハジンは、ジャン代表のところに行く。

 

そして、ミンへはジャン代表にお願いをするのだった。
ガオンに、そんな脅迫をしたのがミンへだと分かったドユンは、怒ってハジンに会う。

 

ミンへとハジンの話が、ガオンに聞かれたことを問うドユンだが…

★また、初恋(漆黒の四重奏)-100話~102話の感想

マルスンは、怒鳴ってミンへを追い出そうとしてたね…!
でも、ミンへがあのぐらいで怯む女じゃないだろうな(;’∀’)

 

自分の母からあんな事言われたら、ダメージは大きかったかな?
それにしても、やっぱり母は強し!!

 

ハジンは、ガオンのためならどんな事でも、惜しまずするみたい!
弱ってるミンへを良いことに、ハジンは攻撃し始めてたけど、どうなるかな…!

★また、初恋(漆黒の四重奏)-次回のあらすじ

ミンへは、手錠をかけられる。
怒鳴るミンヘだが、ヨンスクが自供したから、もうあなたは終わりよと冷静に言うハジンは…

また、初恋(漆黒の四重奏)のあらすじ(103話~104話(最終回))はこちら

★また、初恋(漆黒の四重奏)-全話一覧

また、初恋(漆黒の四重奏)-あらすじ全話一覧はこちら