初回放送で、視聴率16.7%を叩き出した大人気ドラマ!!

日本でも人気!ソ・ジソクとパク・ユンジェが出演!
二人のイケメン俳優と、オ・ジオンの三角関係に注目です!

「名前のない女」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

Sponsored Links


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「名前のない女」(34話~36話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

名前のない女の相関図・キャスト情報はこちら

★名前のない女-あらすじ34話

ユンソルは、カンナム病院という言葉を聞いて、怒りを抑えきれず立ち上がる。
どうしたのかと聞くマルニョンに、ジウォンの事を絶対に許さないと言い残し出て行くのだった。

 

その後、ジウォンのところに来たユンソルは話をしにいく。
夜遅くに来たユンソルは、あまり歓迎されなかったが、そこに遅れてマルニョンがやってくる。

 

そして、子供達も起きて降りて来るのだが…

★名前のない女-あらすじ35話

ユンソルは、病院の先生から子供の話を聞き、感情が抑えきれなくなる。
一方、マヤはインターネット電話で話をしていた。

 

その頃、エノクの誕生日パーティーを家でしていると、ムヨル夫婦がやってくる。
オリバー社長とエノクは、急いで部屋に隠れてヨルメがどうにかごまかそうとするのだが、へジュが何かを察して2人が隠れている部屋に行くのだった。

 

そこにいた2人をみて質問をしていると、ムヨルもやってきて騒然なってしまう。

 

★名前のない女-あらすじ36話

マヤは、ボムを連れて家に招待する。
そして、家族に紹介するのだが、ムヨルの表情は暗かった。

 

一方、ボムの成長した似顔絵を見たユンソルは、ドチからもうすぐ会えるという言葉を聞き間極まるのだった。
ジウォンはマヤの友達を紹介されて、その名前がボムだという事が気に入らなかった。

 

そして、子供たちがいる前で怒り外国の名前で呼ぶよう強く言う。

★名前のない女-34話~36話の感想

マヤは、やっぱり本能的にユンソルの事を、身近な存在だと思っているね!
でもマヤではなくて、外国にユンソルの子供ボムがいたみたい。
勘違いだったのかぁ。

 

そして、ムヨルの母親がヨルメなのは知っていたけど…
あんなに子供みたいな母親の息子とは思えない!

 

ジウォンは本当大人気ないよね(>_<)
せっかくマヤの友達が来ているのに、第一印象最悪だった。。

★名前のない女-次回のあらすじ

ドチは家に行き、ユンソルにボムの事を伝える。
2人が話をしていると、マヤが友達を紹介しようとしていて…

名前のない女のあらすじ(37話~39話)はこちら

名前のない女-全話一覧

名前のない女-あらすじ全話一覧はこちら