出産後初のイ・ユンジ復帰作ドラマ!!

シングルマザーがあらゆる困難を乗り越え、幸せを探す物語。
3人の母親を中心に、それぞれ愛のカタチを描く。

「幸せをくれる人」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

Sponsored Links


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「幸せをくれる人」(103話~105話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

幸せをくれる人の相関図・キャスト情報はこちら

★幸せをくれる人-あらすじ103話

ハユンを連れて行き、部屋に監禁するボクエ。

 

ハユンがいなくなったと知った、ウンヒとゴヌ。
警察に行って、ボクエがハユンを誘拐したと通報する。

 

そして、警察と一緒にボクエの家に向かうのだった。
無事にハユンを見つけて、ボクエの家を出るウンヒたち。

 

一方、ボクエの異常な行動で病院を訪ねたソクジンは…
ボクエが認知症の初期だと言われ、ショックを受ける。

★幸せをくれる人-あらすじ104話

ゴヌに会ったソクジン。
これからゴヌとヒョングン、そしてウンヒをいじめてやると警告する。

 

そんな中、ボクエの誕生日にウンヒとハユンは、ゴヌの母の遺骨がある納骨堂に行く。
それを知ったボクエは、激怒するのだった。

 

一方、ソジョンは裁判所からもらった判決文を、ウンヒに見せるが…

 

★幸せをくれる人-あらすじ105話

ソクジンから、自分が認知症だと聞くボクエ。
ショックを受けたボクエは、まだ若いのにあり得ないと、認知症を認めようとしない。

 

そんな中、ハユンに会ったボクエ。
ウンヒのせいで、自分が死んでしまうと話して、ハユンを驚かせる。

 

一方、ゴヌはせっかく買ってきたケーキを見て、反応が薄いウンヒに傷つくが…

★幸せをくれる人-103話~105話の感想

ハユンを誘拐して監禁するなんて、ひどい(>_<)

 

無事にハユンが見つかったからよかったけど…
いったいボクエは、どこまですれば気が済むんだろうか。。

 

そして、自分の母の罪を知っていてもウンヒたちをいじめると言っているソクジン…。
親と子はまったく似たもの同士ね。

★幸せをくれる人-次回のあらすじ

歩いていたボクエが、急に車道に入って立ち留まる。
死を覚悟して、走ってくる車の前で目をつぶると…

幸せをくれる人のあらすじ(106話~108話)はこちら

幸せをくれる人-全話一覧

幸せをくれる人-あらすじ全話一覧はこちら