日本でも大人気アイドル! ZE:Aのパク・ヒョンシク出演!

あり得ない怪力を持つ主人公が、ちょっと変わった男性を好きになっていく!?
若手のイケメン俳優二人と繰り広げられる、ラブロマンス!

「力の強い女ト・ボンスン」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

Sponsored Links


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「力の強い女ト・ボンスン」(10話~12話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

力の強い女ト・ボンスンの相関図・キャスト情報はこちら

★力の強い女ト・ボンスン-あらすじ10話

ミニョクの計らいで、アインソフト社のゲーム開発チームに、正式に採用されて喜ぶボンスン。
しかし、実際はゲーム開発の待機チームと知って、怒るボンスン。
ボンスを上手く言いくるめる、ミニョクだった。

 

一方、令状もないまま目撃者を殴ってしまい、懲戒処分を受けるククドゥ。
それでも、ククドゥは警察証と手錠を置いて、警察を辞める覚悟で一人で捜査をするが…
チーム長も理解し、警察証と手錠を返したのだった。

 

その頃、誘拐犯はヒジを狙い、尾行を続けていた。

 

ギョンシムに、ミニョクといるとドキドキすると伝えるボンスン。
ミニョクは、ボンスンのことが気になって眠れずボンスンの家に向かい、「俺はおまえが好きなようだ」と告白する。

★力の強い女ト・ボンスン-あらすじ11話

ククドゥとミニョクの二人から、同時に映画の誘いを受けたボンスン。
結局、ボンスンは二人の誘いは断る。

 

それでも、少しでも会いたいというククドゥ。
会社まで行くと約束するが、時間になってもククドゥは現れなかった。

 

ひとり待ちぼうけのボンスンに、「一緒にいてくれ」というミニョク。
普通の人とは違うことを気にするボンスンに、関係ないと答え、抱きしめるのだった。

 

その後、約束の日にヒジが狙われていることを知って、会社に行けなかったことをボンスンに説明するククドゥ。
自分の気持ちに気付き、友達を辞めたいと告白するが…
大事な友達をなくしたくないと答えるボンスンだった。

 

一方、誰かからつけられている気配を感じながら夜道を歩くヒジ。
突如ヒジの目の前に何者かが現れ、驚いて気絶してしまうのだった。

 

犯人は、また女性を誘拐した。
その場に残されたのは位置追跡装置とスーツケースだった。

 

★力の強い女ト・ボンスン-あらすじ12話

犯人が襲ったのはヒジではなく、釜山に向かう途中のギョンシムで、警察の裏をかいたのだった。
ボンスンからのメールに、ギョンシムに成り代わって返事をする犯人。
そこで怪力の力が無くなるジンクスも、知られてしまう。

 

犯人を狙うククドゥたち。
警察内部に監視カメラを付けられていた事に気付き…
目撃者としてきた、キムジャンヒョンが犯人だと特定した。

 

企画開発待機チームのワークショップとボンスンに嘘をついて、海辺近くのペンションに行くミニョクとボンスン。
案の定仕事にはならず、海辺で遊ぶふたり。

 

砂浜にハートの半分を描きそこに立ちながら「俺のほうに来てくれるか?」と言うミニョク。
もう半分のハートを描いて、ミニョクのそばに立ったボンスン。
ふたりの気持ちを確認し、キスをするのだった。

 

その後、ギョンシムの返信がらしくないことに勘づくボンスン。
犯人からギョンシムを監禁している動画が送られてきて、「警察に言ったり、一人で来なかったら友達は死ぬ」と脅す犯人。

 

刑事のククドゥには言えず、助けを求めにミニョクのもとに向かうボンスンだった。

★力の強い女ト・ボンスン-10話~12話の感想

今回も、ハラハラドキドキの展開だったな~!!

なんといっても、ミニョクとククドゥから同時に告白されたボンスン( *´艸`)キャー

 

その結果、ボンスンの選んだ相手はミニョク!
長年の片思いの相手を振るという勇気!

 

ボンスンとミニョクのふたりが、くっついて嬉しいな(*ノωノ)

 

一方、誘拐事件は犯人を特定したけど、警察の目をすり抜けるなどかなり手ごわいね。
ボンスンの親友のギョンシムまで誘拐されて…

 

果たしてボンスンは、ギョンシムを助け出すことができるのかな?!

★力の強い女ト・ボンスン-次回のあらすじ

犯人が送った動画から、スクラップ工場で撮影されたものだと断定したボンスン。
プレゼン当日に会社には向かわず、工場にひとりで乗り込んで…

力の強い女ト・ボンスンのあらすじ(13話~15話)はこちら

力の強い女ト・ボンスン-全話一覧

力の強い女ト・ボンスン-あらすじ全話一覧はこちら