元アイドルグループ、SISTERのダソムが出演の話題作!

同時に愛する人を失った3人の女性。
様々な困難を乗り越え、成長していくヒューマンドラマ!

「姉は生きている」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「姉は生きている」(49話~51話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

姉は生きているの相関図・キャスト情報はこちら

★姉は生きている-あらすじ49話

ドゥルレは、ホンシと話をしていると、セラバクがダルヒだという事実を知る。
そこにダルヒが現れると、その話をするドゥルレに不気味な笑みを浮かべるのだった。

 

一方、オ秘書が持っているはずのサファイアのブローチが届き、不思議に感じるゲファ。
すぐさまオ秘書に連絡をし、理由を聞くのだがそこにドゥルレが現れる。

 

ダルヒは目を覚まし救急車から逃げると、車からピルモが現れるのだった。

★姉は生きている-あらすじ50話

セジョンは家の中をあさったが、探しているものは見つからなかった。

 

一方、ウニャンはドゥルレからの電話を受けると食事に誘われる。
すぐに行くと言って電話を切ると、突然テスがやってくる。

 

そして、家に勝手に上がり込むとマッサージを始める。
そんなテスに我慢の限界がきたウニャンは、買ってきた豚足を投げつけ、出て行けと怒鳴るのだった。

 

★姉は生きている-あらすじ51話

ウニャンは、セギョンと会い話をしていた。
セギョンの行動に呆れ果てるウニャンだったが、ヨンアに一生会えない事を伝える。

 

そんなセギョンは、ヨンアの事をウニャンに託そうとやってきたのだった。
しかし、ウニャンは簡単に、セギョンのお願いに答えようとはしなかった。

 

旦那と子供を託そうとしたセギョンだったが、ウニャンの家から追い出されてしまう。

★姉は生きている-49話~51話の感想

ドゥルレは、やっとダルヒがセラバクだと知ったけど、ピルモも知っていたのね。

 

ビキジョンを敵に回したら、仕返しが半端じゃないけど、最後まで強気のダルヒ!
でも、正直もう限界がきているように見えたな。

 

セギョンも自分の病気を受け入れて、ウニャンのところに行ったけど、すぐ追い出されたね。

 

ウニャンも最初は否定的だったけど…
最後の言葉を聞いたら、どうにかして生きて欲しい気持ちがあるようにも思えた!

★姉は生きている-次回のあらすじ

ドゥルレは、自分の母親の事をゲファに話す。
そんなゲファは、ドゥルレの話を理解できないふりをして…

姉は生きているのあらすじ(52話~54話)はこちら

★姉は生きている-全話一覧

姉は生きている-あらすじ全話一覧はこちら