悪い愛

韓ドラ・悪い愛(115話~117話)あらすじ感想【本当の親】

巨大な運命の渦の中で出会った男女
彼らはそれぞれ自分の運命と戦うことになる

運命の中で死闘を繰り広げる女性と無条件の愛と母性を描く物語

「悪い愛」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

今回は、「悪い愛」(115話~117話)のあらすじと感想を 紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう

悪い愛-前回までのあらすじと感想

テソクから家へ戻ることを許されたジェヒョクとソウォン。
テソクは会社に復帰したジェヒョクを社長に推し、理事たちの承認を得てジェヒョクは社長に就任する。

そんな中、ソウォンとホジンが姉弟であることがファランやミニョクの耳に入り…

ゆきママ
ゆきママ
ケイトとホジン、上手くいってほしいけど、どうなるかな~?!

悪い愛-あらすじ115話

ハウンがホジンとヨンスの子だと告白され、衝撃を受けるケイト。
ケイトのようすがおかしいことに気づいたソウォンは、自分がハウンを育てることになった経緯をケイトに打ち明けるのだった。

一方、再び家から追い出されたヨンスはチムジルバンで出会った女に協力を求め、家に戻る計画を実行する。
仕方なく、ヨンスを家に呼びもどすことにするテソク。

そんな中、ジェヒョクはユン社長と対面し、投資の検討を頼むことに。
ヨンスはユン社長宅に家政婦として入り込み、ユン社長の弱みを握り…

ゆきママ
ゆきママ
ヨンスはまた余計なことを…ミニョクもまたヨンスに借りができちゃったね(>_<)

悪い愛-あらすじ116話

ユン社長から投資を取り付けた功を認められ、ヨンスは会社に復帰できることになった。
ミニョクとの離婚を避けることは出来たものの、ヨンスに対するミニョクの態度は冷たく…

そんな中、ミニョクはホジンの弱みを握るため、ヨンスとホジンの子について再び探りはじめる。
パク室長から脅された乳児院の院長は、海外には養子に出していないと伝えてしまう。

一方、ハウンはスンチョルに自分の両親の秘密を打ち明けてしまう。
ハウンの家に遊びに来たスンチョルは、テソクの前でハウンの秘密をしゃべってしまい…

ゆきママ
ゆきママ
ソウォンを悲しませないようにずっと本当のことを知らないふりをしていたなんて…まだ幼稚園児なのに(/_;)
 

悪い愛-あらすじ117話

ハウンがヨンスとホジンの間に生まれた子の可能性があることに気づいたミニョク。
ミニョクから問い詰められたヨンスは違うと否定するが、ミニョクは信用せず、ハウンがヨンスの娘であることを確かめようとする。

ミニョクとファランにハウンの秘密を知られてしまったジェヒョクとソウォンは、しばらくの間ハウンをダンシルのもとに預けることに。

そんな中、ジェヒョクはウネの事故当時、ミニョクが病院に運ばれていたことが明らかになる。

一方、ミニョクはジェヒョクとは違い、自分とテソクがあまりにも似ていないことをおかしいと感じ…

ゆきママ
ゆきママ
こうなるとなんだかミニョクが不憫に思えてくる(;’∀’)

悪い愛-115話~117話の感想

ハウンの出生の秘密をミニョクやファランにも知られてしまうことに…
毎回、大人の事情に振り回され続けるハウンがかわいそう( ;∀;)

ミニョクもハウンを可愛がっていたけど、憎んでいるヨンスとホジンの子だとわかったら気持ちが変わってしまうのも無理はない気がする…
2人の子だと知りながら、それを隠して一緒に暮らすことを選んだソウォンやジェヒョクに怒りを感じるのも当然といえば当然かな

その上、自分の出生の秘密まで知ることになるなんて…!
またショックをうけてメンタル崩壊してしまうかも…(;’∀’)

悪い愛-全話一覧