悪い愛

韓ドラ・悪い愛(112話~114話)あらすじ感想【ノーユーグループに入った理由】

巨大な運命の渦の中で出会った男女
彼らはそれぞれ自分の運命と戦うことになる

運命の中で死闘を繰り広げる女性と無条件の愛と母性を描く物語

「悪い愛」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

今回は、「悪い愛」(112話~114話)のあらすじと感想を 紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう

悪い愛-前回までのあらすじと感想

テソクの許しを得るまでダンシルのもとで生活することになったジェヒョクとソウォン。
2人は独自に新しい服の開発を進め、売り込みを始めるのだった。

一方、行く当てがないヨンスはダンシルの店に勝手に出入りしていた。

そんな中、ホジンはダンシルのもとに下宿していた男がソ刑事だったことに気づく。
ソ刑事がウネの事故の真相に近づく重要な証拠を握っていると知ったホジンは、急いで探しに向かうのだが…

ゆきママ
ゆきママ
これは店にいたヨンスが絶対なんかしたよね!

悪い愛-あらすじ112話

ソ刑事のUSBの中身を確認するホジンとソウォン、ジェヒョク。
しかし、そのUSBには何のデーターも入ってはいなかった。
店にいたヨンスがすり替えたのだと直感するホジン。

そんな中、テソクはジェヒョクとソウォンを許し、家に呼び戻すことに。
さらに2人を会社に復帰させ、テソクはジェヒョクに社長を任せようと考えていた。
この状況にミニョクとファランは不満を募らせる。

ファランはヨンスを許してほしいとテソクに頼み込むが、テソクは断固として許そうとはしなかった。
そんな2人の会話をソン理事は耳にしてしまい…

ゆきママ
ゆきママ
ヨンスはUSBを手に入れてホームレス状態から抜け出すって算段だっただろうに残念だったね~

悪い愛-あらすじ113話

理事たちの後押しをうけ、ついに社長に就任することになったジェヒョク。
一方、ミニョクたちは理事たちがジェヒョク側についた理由がわからず困惑するのだった。

そんな中、同僚たちからソウォンはホジンとの仲を誤解されてしまう。
ソウォンのピンチを知ったケイトはホジンは自分と付き合っているととっさに嘘をつき、2人は社内で交際しているふりをすることになる。

しかし、ウネの携帯電話を見たパク室長はホジンとソウォンが姉弟であることであることに気づき…

ゆきママ
ゆきママ
ケイトが一生懸命ソウォンとホジンの関係を隠そうとしてきたのに…同僚たちはごまかせたけどパク室長に知られたのはマズイ(;’∀’)
 

悪い愛-あらすじ114話

ミニョクにソウォンとホジンが姉弟であることを暴露するヨンス。
そして、ホジンがノーユーグループに入ったのはヨンスへの復讐だけではなく、ウネの事故の真相を探るためだと打ち明ける。
同じ頃、ファランもまたパク室長からソウォンとホジンがノーユーグループに入社した理由を知り、2人に対する警戒を強めるのだった。

一方、ミニョクやファランたちに姉弟であることを知られたソウォンたちは、テソクに告げ口される前に、事前に隠していた理由を告白することに。

そんな中、ケイトはヨンスの子供の父親がホジンであること、さらにその子供がハウンであるという衝撃の事実を知ることになり…

ゆきママ
ゆきママ
どちらか一つでもかなりショッキングな事実なのに…さすがのケイトもこれはすぐに受け入れられないだろうな(>_<)

悪い愛-112話~114話の感想

ついにジェヒョクが社長にー!!
社員たちもミニョクが社長になるよりジェヒョクの方が適任だってみんな思っていたと思う!

そんな中、ホジンとソウォンが姉弟であることがミニョクたちに知られることに…
もっとピンチに陥るかなと思ったけど、さきに自分たちからテソクに打ち明けたおかげか、さほど問題になるようなこともなくホッとした(。-∀-)

ホジンはケイトのことをだいぶ意識してきたように感じる☆
本気で考え始めたからこそ、ハウンが自分の娘であることをケイトに告白したんだと思う(>_<)
何でもポジティブに考えるケイトだけど、今回のことはさすがに衝撃が大きいだろうな…

悪い愛-全話一覧