青い海の伝説

【4~6話】青い海の伝説のネタバレと感想!ソウルで人魚を待ち受けていたものは?!

こんにちは、韓ドラ大好きゆきママです♪

日本や韓国はもちろん、海外でも大人気のスター俳優、チョン・ジヒョン☓イ・ミンホの豪華キャスティング☆

当時はまだ放送中にも関わらず、2016年SBS演技大賞で4冠を獲得!同時間帯ドラマ視聴率1位を最後までキープし続けたヒット作です!

絶滅寸前の人魚と天才詐欺師の時空を超えた運命の恋。朝鮮時代中期に編纂された説話集が原案となった、前代未聞のファンタジーラブロマンス♪

今回は、そんな『青い海の伝説』の4話~6話のネタバレと個人的な感想を紹介しちゃいます!!

青い海の伝説4話~6話の見どころ
  • 記憶のないジュンジェの前に現れた人魚。ジュンジェの反応は一体?
  • 初雪の日の約束!人魚を襲った突然のアクシデントとは・・・
  • ジュンジェの変装姿♪無邪気な人魚を見守るテオの可愛い表情にも注目♪

ちなみに、U-NEXTでは『青い海の伝説』の20話分全話の動画を、登録後31日間だけ無料視聴できますよ~♪

U-NEXTで『青い海の伝説』を無料で見る

【4話】青い海の伝説-あらすじ&ネタバレ

初雪の降る日にまた会うことを約束したタムリョンとセファ。
セファが陸へ上がって来ると、ヤン氏は再び人魚を捕まえようとします。


ヤン氏の手下に襲われるセファですが、間一髪のところでタムリョンが駆けつけ、2人は再会するのでした。

資産家であるジュンジェの父、ホ・イルジュン(チェ・ジョンウ)は再婚し、妻のカン・ソヒ(ファン・シネ)とその連れ子のホ・チヒョン(イ・ジフン)と共に暮らしていました。

ソヒは脱走した殺人犯マ・デヨン(ソン・ドンイル)と繋がっていて、マ・デヨンに指示をして遺産の相続権があるジュンジェを消そうとしていました。(ジュンジェが危険です!(・_・;))

人魚とジュンジェは、63ビルの水族館で3ヶ月ぶりに再会しました。

ジュンジェ「君の名前は?」
人魚「ないわ」

ジュンジェ「なぜ俺は君のこと覚えてないんだ?俺は事故にでも遭ったのか?」
人魚「・・・・」

何も話す気がないなら一緒にいる意味がない。と言って先に行ってしまうジュンジェ。
人魚が漢江沿いをさまよっていると、インチキそうな男(特別出演:チャ・テヒョン)に声をかけられます。

男「変わった人だな。猟奇的な女性だ」

夜になり、漢江の花火大会が始まります。
花火を初めて見た人魚は、それを銃だと勘違い。


体を張ってジュンジェを守ろうとします!(笑)

スペインでジュンジェが「一緒に行こう」と言っていた漢江の花火大会。
それがこの花火だと分かると、人魚は嬉しそうに微笑みます。

結局夜道に人魚を1人で残しておけずに家に連れて帰るジュンジェですが、家に突然美人を連れてきたジュンジェにナムドゥとテオは驚きます。

ジュンジェは人魚にヒスイの腕輪を見せて、見覚えがあるか尋ねます。

ジュンジェ「知ってるだろ?」
人魚「・・・あなたにあげたの」
ジュンジェ「俺にくれた?」
人魚「欲しがってたから」
ナムドゥ「簡単にあげられるものじゃないと思うが・・・」

肝心な事を何も話そうとしない人魚に、ジュンジェはイライラを隠せません。

人魚「(私に)名前があったら呼んでくれる?」
ジュンジェ「たぶんな」
人魚「名前をつけて」
ジュンジェ「お前は・・・シム・チョン(おバカちゃん)でいい」
人魚「いいわよ♪」

”ひどくおバカ”という意味の頭文字を取ってシム・チョン。という名前でしたが、人魚はジュンジェに名前をつけてもらったことに大喜びするのでした。(無邪気にはしゃぐシムチョンが可愛い~(^^))

一方、ジュンジェを探し回るマ・デヨンは、ジュンジェの隣の家の主人とトラブルを起こし、殺害してしまいます。

夜になり殺人事件の現場に警察が集まる中、家には帰るな。とジェンジェに助言をするナムドゥ。
しかし家に1人でいるシムチョンが気がかりなジュンジェは、警察の検問を突破して家に帰ろうと、車のアクセルを踏むのでした。

ちょうどその頃、家でテレビドラマを見ていたシムチョンは、チャイムの音に気付き玄関のドアを開けます。
そこに立っていたのは、警察官に扮したマ・デヨンでした・・・

【4話】青い海の伝説-感想

前世ではセファの危機にタムリョンが駆けつけましたが、果たしてジュンジェは・・・

ジュンジェはまだ人魚の記憶を思い出せないようですが、それでもスペインの時と同じように人魚を家に連れて帰っています♪

そして今回の特別出演は大ヒット映画「猟奇的な彼女」でチョン・ジヒョンと共演したチャ・テヒョンでした!シムチョンに向かって「猟奇的な人だ」と言うセリフには、パク・ジウン作家の遊び心を感じます(^O^)/

ドラマの中で「人魚の恋は一生に一度」と言われていますが、シムチョンとセファはその一生に一度の恋を成就できるのでしょうか・・・!

【5話】青い海の伝説-あらすじ&ネタバレ

朝鮮時代、ヤン氏の手下に襲われたセファでしたが、タムリョンが助けに駆けつけます。

タムリョン「この花の花言葉を?」
セファ「何ですか?」
タムリョン「そなたにあって私にないもの・・・”思い出”だ」


悪徳なやり方で商売をしていたヤン氏。ヤン氏の営む宿でその悪行に抗議をした貸主が、海で遺体となって発見されました。調べに出向いたタムリョンは、ヤン氏の関与を疑います。

そんな中、 ヤン氏の夫人(オ・ヨナ)がセファを捕まえようと、タムリョンの役所へ乗り込んで行きます。
その知らせを聞き、急いで役所へ戻るタムリョン。

セファはその頃、タムリョンの夢の中に出てきた男女を描かせたという、花瓶の絵を眺めていました。
それは人魚と現代の服装をした男性が、水中でキスをしているものでした。(ジュンジェとシムチョンですね~)

タムリョン「この世界とあの世界はつながっている。運命が絡み合い、同じことが繰り返されているのだ」

現代のソウル。
シムチョンはチャイムの音に気付き、玄関のドアを開けます。そこには警官に扮したマ・デヨンが立っていました。

中に入ろうとするマ・デヨンでしたが、そこへ警察の検問を突破したジュンジェが駆けつけます。
マ・デヨンを見て、「本当に警官か?」と怪しむジュンジェ。そこへ本物の警官が駆けつけて、マ・デヨンは逃げていきます。

ジュンジェに心配されて嬉しそうにするシムチョンでしたが、スペインで何があったのか話さないのなら、家から出ていくように言われてしまいます。

テレビドラマを見て、初雪の日に告白すると好きな人と結ばれる。ということを知ったシムチョンは、「次は初雪の日に会いましょ」と、南山タワーを指差します。

シムチョンを家から出すと、ジュンジェはすかさず「どこで何をするのか調べて、正体を突き止めてやる」と、シムチョンに渡したスマホのGPS機能で居場所をチェックするのでした。(追い出したのはそれが目的だったんだぁ~)

シムチョンは家を出て途方にくれますが、ホームレスにアドバイスをもらいます。

シムチョン「お金ってどうやって稼ぐの?」
ホームレス「これを配ればいいの」

シムチョンの様子を見に行ったジュンジェは、シムチョンのチラシ配りの仕事を影で手伝います。(学生にお金をあげてチラシをもらいに行かせたり、人を使ってマフラーとたい焼きを差し入れしたり・・・笑)
しかし、すぐ近くにいることがバレて(笑)気まずそうにするジュンジェに、シムチョンは嬉しそうに駆け寄ります。


シムチョン「私はここで働いてるの。お金が入ったらあなたにあげる」

夜になり雨が降ると、ニュースでは初雪の予報が流れていました。雨が雪に変わると、シムチョンは南山タワーを目指します。

シムチョン「ホ・ジュンジェ、待っててね」
ジュンジェも口では面倒だと言いながら、急いで南山タワーを目指すのでした。
ジュンジェ「一応行ってやるか」

しかし南山タワーの下へ辿り着いたシムチョンは、突然車にはねられてしまいます!(そんなぁ~(゜o゜;))
慌てて車から出てきた運転手は、ジュンジェの義兄のチヒョンでした!

【5話】青い海の伝説-感想

まさかの交通事故!チヒョンは母親のカン・ソヒの不審な行動が気になり、ジュンジェを付けていたようです。故意にひいたのではないようですが、シムチョンはどうなってしまうのでしょう。

前世と同じことが繰り返されるということは、朝鮮時代のセファにも何か危険なことが起こったのでしょうか?(・_・;)

今回の特別出演は、現世では警官役、前世ではタムリョンの部下役を演じたキム・ガンヒョン。

キム・ガンヒョンとホームレス役のホン・ジンギョンは、中国や日本でも大ブレイクしたチョン・ジヒョン主演の「星から来たあなた」にも出演しています。

青い海の伝説は特別出演のゲストが多いので、それも楽しみのひとつです♪(*^_^*)

【6話】青い海の伝説-あらすじ&ネタバレ

朝鮮時代、セファはヤン氏の夫人に捕まりそうになりますが、タムリョンの友人に助けられます。
しかし、タムリョンの友人は追手に追い詰められ崖から転落。タムリョンは懸命にセファを探しますが、見つかりませんでした。

現代のソウル。
シムチョンが交通事故にあったことに気付き、ジュンジェは必死で運ばれた病院を探してシムチョンのもとへ駆けつけます。

しかしシムチョンは体温が29度にまで下がり(!)心肺停止状態に。

ジュンジェ「ダメだ」
シムチョンの手を取って握るジュンジェ。
するとシムチョンの頭に朝鮮時代の2人の面影が浮かびます。

シムチョン「ジュンジェ・・・」
ジュンジェ「お前・・・大丈夫か?」
シムチョン「夢を見たの。あなたが私の手を握って、助けてくれたの」

意識を戻したシムチョン!(良かった〜(>_<))
シムチョンはジュンジェが自分を心配する姿を見て喜びます。(笑)

シムチョンをひいたのがチヒョンだと分かると、ジュンジェはわざとではないかと疑います。
「運が悪かった」というチヒョン。
ジュンジェは実の母親が出て行った後、チヒョンのせいで父親との確執が生まれた記憶を思い出すのでした。

入院したシムチョンは、言葉が分からないせいでおかしな発言を繰り返します。
(ゼッショク(絶食)の意味を知ってショックを受けるシムチョンが面白すぎる~(≧▽≦))

さらには娘の医療事故を訴える母親に対してひどい態度を取る副院長に怒り、飛び蹴りを入れるシムチョン!

そして娘を思い出して悲しむ母親に、シムチョンは自分の持っている能力で娘の記憶を消してあげる。と告げます。


母親「・・・ダメよ。死ぬまで絶対に忘れたくない」
シムチョン「どうして?苦しんでいるのに」
母親「苦しくても愛せるから。忘れてしまったら愛せないでしょ?あの子を愛し続けたいの」

シムチョンを法で訴えるという副院長を、ジュンジェたちは次のターゲットに選びます。(ジュンジェは院長のドラ息子というキャラクターに変身(^^)♪)
そして副院長を脅すと、シムチョンへの訴えを取り下げることや、娘の母親に医療事故の真実を告げて謝罪することを求めます。

そして驚異の回復力ですっかり完治したシムチョンをジュンジェは家に連れて帰ります。
(普通の人間ではありえないことなので、病院側は重症な患者と検査の結果を取り違えたと思ったようです。(笑))

帰りの車の中で、「次の初雪はいつ?」と尋ねるシムチョン。今年の初雪はもう見られないと知ると、シムチョンはガッカリします。

シムチョン「人は苦しくても思い出を失いたくないの?」
ジュンジェ「え?」
シムチョン「食事が喉を通らなくて夜は眠れなくても、人は人を愛し続けてる」
それを聞いて、ジュンジェはスペイン海辺で聞いた「愛してる」という声を思い出します。

シムチョンに初雪を見せようと、スキー場へ連れて行ったジュンジェ。
シムチョンは止まり方を教わる前に滑り出してしまいます。

シムチョン「どうやって止まるの?!」
ジュンジェ「(スキーを)Aの字にしろ!」
シムチョン「エーってどんな字よ!」

ジュンジェは先回りをしてシムチョンを抱きとめます。(キャー!(〃∇〃))

雪の上に転がる2人。ジュンジェはシムチョンに、助けたお礼にひとつだけ言うことを聞けと言います。


ジュンジェ「確かめたいことがあるんだ・・・ある言葉を言ってみてくれ」
シムチョン「何?」
ジュンジェ「・・・愛してる」

【6話】青い海の伝説-感想

シムチョンが助かって一安心!病院ではシムチョンのキャラクターが炸裂していて本当におかしかったです!(笑)

愛のために辛い記憶さえ手放したくないという母親の話には涙涙でした・・・(泣)

「愛してる」という言葉で、果たしてジュンジェの記憶は戻るのでしょうか?!
シムチョンをこっそり気にかけるテオの表情がとても可愛くて、今後のテオにも注目です♪

青い海の伝説を無料で見る方法

青い海の伝説をリアルタイムで見逃してしまっても、U-NEXTで全話見ることができます!

U-NEXTは、『雲が描いた月明かり』や『太陽の末裔』など人気作品の独占見放題配信も多くて、韓ドラの見放題本数はなんと700本以上♥♥

U-NEXTは、31日間の無料お試し期間があります!31日間は、特に追加料金もなく無料で全話見れますよ~~~!

『入ってみて、意外と見るものないな…』

って思ったなら登録してから31日以内なら、解約しても料金はかかりません!

しかもトライアル特典として、600円分ポイントもらえるから、見放題作品以外でも最新の韓ドラが見れちゃうからおすすめですよ。

U-NEXTの無料お試しはこちら

【4話~6話】青い海の伝説-まとめ

韓国ドラマ「青い海の伝説」の第4話~第6話までのあらすじをご紹介しました!

ソウルで再会を果たしたシムチョンとジュンジェ。

突然の事故を乗り越えて2人は心の距離を縮めたように見えますが、 マ・デヨンという殺人鬼も現れて、まだまだ前途は多難なようです!

一方、セファとタムリョンもピンチを迎えているようで・・・?
前世と現世、人魚と人間の恋はこの先どうなってゆくのでしょうか?!