ビューティーインサイド

韓国ドラマ・ビューティーインサイド-あらすじと感想!最終回まで(16話最終回)


人気映画がドラマ化!別人で生きる女性をソ・ヒョンジンが熱演!

一か月で一週間は違う顔で生きる女性、そして他人の顔を見分けられない男性。
そんな二人が繰り広げるラブロマンス♪

「ビューティーインサイド」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「ビューティーインサイド」(16話(最終回))のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

ビューティーインサイドの相関図・キャスト情報はこちら

ビューティーインサイド-あらすじ16話(最終回)

無事に復帰を果たしたセゲは忙しい日々を送っていた。
そんなセゲとあんまり会えない日が続いて寂しい気分になるドジェ。

 

セゲは主演を務めた映画がいい評判を得てカーンアカデミーに招待される。

 

セゲに花束を渡したセラはドジェの会社との広告契約が終わったら、自分の会社と契約をするようにと話す。
それを聞いていたドジェはダメだと言ってサラと言い合いをする。

 

そんな中、セゲが一緒に演技をした俳優と付き合っているというスキャンダルが流れる。
それを見たドジェは落ち込むが、セゲからスキャンダルが流れた経緯を聞いて誤解が解ける。

 

そして、セゲとシナリオの練習をしながら幸せな時間を過ごすドジェ。

 

一方、ウノと一緒に彼の家族に会ったサラは、ウノと結婚したいと言ってみんなを驚かせる。
しかし、ウノの家族とウノから結婚に賛成すると言われて笑顔を浮かべるサラ。

 

セゲを連れて海を訪れたドジェはそこでセゲに指輪をはめながら愛してると告白する。
そんなドジェに自分も愛してると答えるセゲ。

 

顔が変わる周期が前より長くなったと言ってこのまま治るかもしれないと話すセゲに、ドジェはそうかもしれない言って笑う。
そして、海を背景に幸せな顔で写真を撮るセゲとドジェ。

ビューティーインサイド-16話(最終回)の感想

セゲとドジェ、ウノとサラが幸せになって本当によかった!
特に今まで幸せとは距離がある人生を歩んできたサラが幸せになって嬉しかったな♪

 

セゲは顔が変わる周期が長くなったと言っていたけど…
このまま治ったらいいのにな!

 

そして、セゲとウノが好きな人と出会って幸せになったから、ウミも早くいい人に出会って幸せになってほしい!

ビューティーインサイド-全話一覧

ビューティーインサイド-あらすじ全話一覧はこちら