メイン
日本でも大人気なSHINeeミンホと、人気俳優パク・ソジュンが出演!!

愛と情熱を描いた時代劇!!
人間の成長が描かれている青春ストーリー。

「花郎(ファラン)」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「花郎(ファラン)」(7話~9話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

花郎(ファラン)の相関図・キャスト情報はこちら

★花郎(ファラン)-あらすじ7話

突然のサムメクチョンの行動に、当惑して心が揺れ動くアロ。
二人の微妙な雰囲気を察知したソヌは、アロとどう接してよいのかわからなくなりもどかしさに苛まれる。

 

そんな中、ついに花郎たちの試験の日がやってきた。
仙門に残るために、必ず試験に合格しなければならないソヌ。
ウィファ公を驚かせる、回答をするのだが…

 

一方、母の命日を兄と過ごせることに喜ぶアロ。
ひょんなことから出たソヌの失言に、何かがおかしいと思い始める…

★花郎(ファラン)-あらすじ8話

いざこざが絶えず、憎しみが積もる花郎たち。
彼らと近づきたいハンソンは、自分も同部屋で過ごすつもりだと宣言する。

 

そして、いよいよ秋夕の祝宴が始まる。
そこでウィファ公は、花郎の踊りを披露すると宣言して、和白たちと只召太后を驚かせるのだった。

 

一方、ソヌはパクヨンシルの計略で、マクムンの死に隠された秘密があることを知ることになり…

 

★花郎(ファラン)-あらすじ9話

ソヌはアロに、自分が兄ではないという事実を告白する。
アロは、今まで自分をだましソヌが恨みながらも、彼は兄ではないという事実を知り複雑な気持ちになる。

 

継父パクヨンシルの悪巧みによって、花郎の間で葛藤するパルリュ。
また、サムメクジョンはソヌのことで苦しんでいるアロを、慰めることで距離を縮めようとするのだが…

 

一方、只召太后の命で仙門に呼び寄せられた、スンミョン公主。
突然現れた美しいスンミョン公主に、花郎達は気を引き締める。

★花郎(ファラン)-7話~9話の感想

ソヌ、サムメクチョンそしてアロの三角関係がヒートアップ!
スンミョン公主も加わって、四角関係?で、ますます波乱の予感。

 

剣舞も達者で美しい!
個人的にはスンミョン公主が好みだけど、ソヌに選ばれるのは果たしてどっちかな!?

 

それにしても、パクヨンシルの悪事に苦悩するパルリュの姿が痛ましい…( ;∀;)
韓国ドラマって必ずいるんだよね、こういう悪役が。

 

パルリュには、どうにか正義を貫いてほしい!

★花郎(ファラン)-次回のあらすじ

花郎の祝宴舞台は大きな危機を迎えることになる。
アンジ公を訪ねてきたフィギョン公は、只召太后に関する意味深な発言して…

花郎(ファラン)のあらすじ(10話~12話)はこちら

★花郎(ファラン)-全話一覧

花郎(ファラン)-あらすじ全話一覧はこちら