憑依

韓ドラ・憑依(10話~12話)のあらすじ感想【吸い込まれたナクチョルの魂】


チョ・ハンソンが2年ぶりにドラマ出演!好奇心刺激するスリラードラマ。

人の体に憑依しては犯罪を起こす悪い魂。
男性刑事と女性霊媒師が魂を追跡していくスリラードラマ。

「憑依」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「憑依」(10話~12話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

憑依の相関図・キャスト情報はこちら

憑依-あらすじ10話

復活したナクチョルの魂が愛する妻と娘を忘れられないことを知ったテドゥ。
テドゥの体を利用し、ナクチョルの娘ジヒャンに意図的に接近する。

一方、ピルソンの体を借りているベテラン刑事ナクチョルは、本格的な調査を開始する。
ドジョンはナクチョルの捜査に協力する。

そして、テドゥがTFグループ専務スヒョクの体を利用していると直感する。
スヒョクの隠れ家別荘を探し出すが…。

憑依-あらすじ11話

悪霊が退治され元の姿に戻ったチュンソプ。
ピルソンは、チュンソプにスヒョクを誘って神堂に連れてくるよう指示する。

しかし、チュンソプはピルソンの言葉を無視し武器密売業者と連絡をとる。
復讐心に火がついたチュンソプは、スヒョクの別荘に向かう。

一方、ナクチョルの娘チハンを誘いカンウォンドに旅行に行くスヒョク。
スヒョクに監禁されたチハンは…。

 

憑依-あらすじ12話

ピルソンとソジョンは、ようやくスヒョクを見つけ出す。
悪霊を退治しようとするが、テドゥのパワーが強すぎて逆に危険にさらされる。

そのせいで、ピルソンの体から離れ、テドゥの魂の中に入ったナクチョル。
幼少時代のテドゥの魂を見つけた瞬間、テドゥの反撃が始まる。

元の体にもどったピルソンとソジョンの感動の再会も束の間だった。
再びテドゥの脅威で窮地に追い込まれる…。

憑依-10話~12話の感想

魂の力が強すぎるだなんて…。
ただの極悪人なのにそんなパワーがあってどうすんだろう(笑)

神様がいるならどうにかしなくちゃ。
ソヒョンのような新米の神使いじゃ歯もたたないんじゃない?

テドゥに吸い込まれたナクチョルどうなっちゃうんだ?
ピルソンとソジョンの最後の作戦が上手くいけばいいけど…。

憑依-次回のあらすじ

準備中

憑依のあらすじ(13話~15話)はこちら

憑依-全話一覧

憑依-あらすじ全話一覧はこちら