注目の若手俳優チャン・スンジョが出演!

突然全てを失った一人の女性。
娘の夢を叶えるために、強く突き進んでいくストーリー!

「訓長オ・スンナム(白詰草)」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

Sponsored Links


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「訓長オ・スンナム」(124話~126話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

訓長オ・スンナムの相関図・キャスト情報はこちら

★訓長オ・スンナム-あらすじ124話

ソンジュは、ミョンジャに連れられて家にやってくる。
その後、部屋に1人で行くソンジュだったが、そこにいたボンチョルに捕まってしまう。

 

心配するスンナムは、どうにか出て行くよう説得するのだが、ボンチョルはその話に乗らなかった。

 

一方、ドゥムルは緊張して焦っていた。
その様子を見ていたウンギルとセジョンは心配する。

 

その後、ミョンジャがウンギルに電話をすると、スンナムたちがいなくなった事を報告するのだが…

★訓長オ・スンナム-あらすじ125話

ユミンは、スンナムたちに逃げられてしまう。
スンナムとドゥムルはセヒを自宅に連れてくるのだが、戻ると言っていう事を聞かなかった。

 

その後、倒れたセヒを自宅で看病するスンナム。
その様子をそばで見ていたソンジュは、ユミンに退社怒りがこみ上げてくるのだった。

 

スンナムはその後、外で心配していたドゥムルたちに、セヒの事を報告するのだが…

 

★訓長オ・スンナム-あらすじ126話

セヒは、スンナムとユミンに交渉していた。
その行動に納得いかないスンナムは、恥ずかしく無いのかと確認するのだが、そんな説得は通用しなかった。

 

セヒは自分の話が終わると、部屋に行きスンナムは出て行く。
ユミンはその後、セヒの部屋に行き交渉を始める。

 

そこで、セヒはボンチョルと海外に逃げる事を伝えるのだった。

★訓長オ・スンナム-124話~126話の感想

結婚式という大事な日に限って、邪魔者が現れるよね…。
ボンチョルもいい加減捕まって欲しいと思ったけど、いざ捕まったらいきなり静かになったね。

 

セヒ元々痩せていたのに、監禁されてさらに骨になってしまって、幽霊みたいだった…。
あんな人間を心配するスンナムは、優しすぎる。

 

私だったら、どうなっても関係ないと思って無視しそうだけどw

★訓長オ・スンナム-次回のあらすじ

ユミンがスンナムに手を上げようとするが、ドゥムルに止められる。
プライドが許さないユミンは…

訓長オ・スンナムのあらすじ(127話~129話(最終回))はこちら

訓長オ・スンナム-全話一覧

訓長オ・スンナム-あらすじ全話一覧はこちら