あらすじ全話一覧

【22~24話】黒騎士~永遠の約束~のネタバレと感想!祈祷文に込められた呪いとは!?

こんにちは、韓ドラ大好きゆきママです♪

『太陽の末裔』『雲が描いた月明かり』など数々の大ヒットドラマを生み出したKBS2の最高傑作と言われ、最終話まで同時間帯視聴率1位を獲得し続けた話題作!!

日本でも知名度が高く、韓流のジェントルマンと呼ばれるキム・レウォンと、『匂いを見る少女』『ハベクの新婦』で、実力派女優として認知されたシン・セギョン。

史上最大、最高に甘いキム・レウォンに話題沸騰!純度100%の初恋純愛ファンタジーラブロマンス。

今回は『黒騎士~永遠の約束~』の22話~24話のネタバレと個人的感想を紹介しちゃいます!

『黒騎士~永遠の約束~』22話~24話の見どころ
  • 不信なメールの発信元が判明!発信したのは?
  • ついにパク会長がスホの父親を殺した犯人だという決定的証人が現れた!
  • 呪いから解かれる方法がわかったベッキだが、シャロンはどんどん思い詰めて…ついに…。

ちなみに、U-NEXTでは『黒騎士~永遠の約束~』の31話分全話の動画を、登録後31日間だけ無料視聴できますよ~♪

U-NEXTで『黒騎士~永遠の約束~』を無料で見る

【22話】黒騎士~永遠の約束~-あらすじ&ネタバレ

ソリンが必死でスホに“私を思い出して…”と、訴えかけてくる夢を見て、うなされて目覚めるスホ。
なんだか悪い出来事の始まりかも…。

朝になってスホは叔母に、ヘラにプロポーズをしたことを告げる。
叔母は二人の結婚に大喜びで即承諾!これで二人の結婚は決定的になる。

一方シャロンは、ヘラの叔母のコートを制作中。と同時に、たくさんの男物のシャツも出来上がっていた…。

きっとスホの…?ですね?嫌な予感です~。

ヘラはパク会長に、父親のことを尋ねる。
病院の手違いにしろ、なぜ自分の父親が空き地に埋められることになったのか?おかしいのではないか?

しかしそう言うヘラに、パク会長は目も合わせず病院がなにかしでかして、隠蔽工作のためにやったのではないか?とあしらった。

納得がいかなかったが、ヘラはそれ以上は追及せず話は終わった。

ヘラの叔母から、ふたりの結婚を聞かされたシャロンは激しく動揺する。そして聞いた途端、シャロンは心臓が締め付けられるように痛んで具合が悪くなった。

ちょうどそこにベッキが店を訪ねてきた。
叔母らふたりの結婚を聞いて満足そうなベッキ、痛さに苦しむシャロンに気が付くと、店から連れ出して、展示会へ。

ジョムボクが描いたプニとミョンソの絵の前にシャロンを連れて行き、昔の話をする。

あなたには昔から味方はいなかった。とシャロンの自分勝手な性格の事を責めるベッキ。
しかし、何を言っても私に罪はないと言い張るシャロン。

殺されるとわかっていて、プニをミョンソの妻だと偽って差し出したことが罪だとベッキはシャロンをさらに責めた。

そして、夫のミョンソを異教徒だと政府に捉えさせたのもシャロンだったこと、最終的にふたりを焼き殺してしまったことも、すべての事実を突きつけて思い知らせた。

しかし、シャロンは自分の非を認める気配もない。

一向に反省の色のないシャロンにベッキは、残念だけどヘラのウェディングドレスを作りなさいと指示する。

この呪いを解いて先に進むには、現世でプニの生まれ変わりのヘラの花嫁衣裳を作るのが一つの条件だった。

シャロンはまったく反省の余地がありません…、こじれていくばかりです。
ベッキの言葉を聞く気もない…とんでもない悪女です…。

スホは、部下からお祝いをもらう。
一つはジョムボクのプニとミョンソの絵を写真にしたもの。
もうひとつは、差出人不明のメールの発信元。

以前、スホに届いた父親殺しの犯人を知っているという元研究員と名乗る不審なメール。
調査の末に、チョンダムドンのセレクトショップから送られたことがわかった。

チョンダムドンのセレクトショップといえば…、ヘラの親友のヨンミの店のこと…
スホはランチに誘ったヘラがヨンミの店に寄ると言っていたのを思い出し、ヨンミの店へ。

そしてヨンミを問いただす。
「なぜメールを?」
いきなり聞かれてうろたえるヨンミ。

「非通知の方法は?僕にメールした」
しらを切るヨンミに立て続けに質問したが、ヨンミはまだとぼけている。

「では、非通知メールは警察に…“元研究員ですチョン社長が博士を殺した”」
メールの内容を読み上げるヨンミはとうとう白状した。

ゴンのお父様を疑っている気がして…つい…。
それ以上ヨンミを責めることなく、スホはヘラとランチに出かけた。
ヨンミは目に涙を浮かべてふたりを見送った。

ランチの後、行くところがある。と、スホはヘラを連れてウエディングドレスの店に。
最高に綺麗なヘラを見て満足なスホ。
ヘラのウエディングドレス姿をスマホで撮影♡と、同時に会社から電話がかかってきた。

来客の知らせで会社に戻ったスホ。
元、父親の研究チームに居たというその男は、火災当日スホの父親とヘラの父親が、研究結果の取り合いでもめていたのを見たと言う。

ふたりの口論の最中に火災が起きた、自分は見た。
決して漏電火災ではない。と言い張る男。
スホはなんだか怪しい雰囲気で調子のよい男の話を信じ切れずに居た。

街並み保存プロジェクトの住民公聴会が開かれた。

すでに住民を懐柔していたパク会長側は、古い建物を壊して新しくショッピングモールを作る計画で、住民は立ち退いて保証金を受け取ったほうがいいと提案し、住民は盛り上がっている。

スホは、特定地域に指定されれば、家屋の補修にかかるお金は政府が出してくれるから、街並みを保存しようと提案。

しかし、ゴンは便利になると主張。
住民たちは、スホに自分も古い家に住んでみろ!と煽り出す。

ゴンは住民の前でスホが街並み保存を求めるのはヘラのためだと暴露した。
個人的な感情で住民を左右することを決めるのはどうかと意見すると、住民はスホを責め始めた。

再開発に傾いた住民たち。
スホに出ていけ!と言うまでにヒートアップした。

そんな中、ヘラが手を挙げる。
旅行会社からの意見として、一度行ってみたいと思う場所になりうるこの街を大切にして欲しいと訴えたが、住民たちは勝手なロマンを押し付けるなと一喝する。
そこでヘラがひとこと
「保証金は新生活に足りず、融資が必要です。」
この言葉を聞いて驚く住民たち。

“融資=借金”だと気が付いた住民たちはざわつき始めた。

「町の伝統と歴史を失い、借金だけが残るかも…」
ヘラの言葉で目が覚めた住民たちは、再開発はもう一度よく考えて決めようと口々に言い、パク会長側が止めるのも聞かず帰ってしまう。

ゴンが自分のことまで持ち出して仕事を進めようとしたことに怒ったヘラは、ゴンに抗議。
「嫌っている父親に似てきた。また彼を侮辱したら私が許さない」と、ゴンに宣言した。

ため息をつきながら
ゴン「ムン・スホが羨ましい…。」と言う。
ふたりの会話を影で聞いていたヨンミも、ため息をついた。

地権者のひとりとして、公聴会に来ていたシャロンは、ふたりの様子を見て
「公聴会の続きかしら?」と、嫌味を言う。

そしてヘラに、話があるから明日店に来るようにと言い、立ち去った。

帰ろうと車に戻ると、スホの車には抗議のビラがびっしり!
ビラを貼られた車を見て、少し元気のないスホ。

そこにヘラが戻ってきた。
大きな声で文句を言いながらガンガンビラをはがしていくヘラ。

力強いヘラを見て、助けてくれたことがうれしかったスホは幸せそう。
そこに、パク会長の手下たちが現れてスホに石を投げ、その石はスホに命中。

スホは危ない!と、慌ててヘラとその場を立ち去った。

物陰で一部始終を見ていたシャロンは、その子と一緒にいると危険よ…。
と、心の中でスホに語り掛けた…。

【22話】黒騎士~永遠の約束~-感想

ふたりの結婚が決定!おめでたい!のもつかの間、シャロンがまた何かを企んでいるみたいです。

ベッキにいくら言われてもまったく諦めないシャロン、プニを自分の身代わりにしてさらにミョンソが捕まるように仕組んで、挙句にあの火災で二人を焼き殺したのに、自分は悪くないと言い張る図太さは逆に関心してしまいます。

ヘラとの関係が順調になるに連れて、段々と明らかになるスホの父親の死因ですが、これを突き詰めるとやはりどうしてもパク会長に行き当たるあたり…やっぱりパク会長が怪しいです。

そして、それを突き詰めると今度はヘラの父親が寂しい空き地でいままで埋められていたことにつながって、それもパク会長に行き当たるという…。
怪しいなんてもんじゃありません。

仕事でもパク会長にやられそうになったスホですが、ここはヘラが加勢して大逆転となりました。
やった!と、私も喜びましたが、スホが勝つということは、ゴンが可哀そうな展開になるということ。

ヘラも奪われて、仕事でも負けてしまったゴンって悲劇過ぎです。
パク会長の罪が暴かれたら…ゴンの将来が心配になってきました…。

【23話】黒騎士~永遠の約束~-あらすじ&ネタバレ

石が命中して、額に軽傷を負ったスホ。
ヘラに手当てをしてもらい、見守られながら眠りについた。

しかし、夢の中でまたもやソリンの声を聞く。

「その子と居ると危険よ…。忘れたの…?」
うなされて飛び起きたスホ、額の傷からはまた血が流れ始めた。

冷や汗をかいて体調が悪そうなスホ、リビングに行くとプニが…。
プニを見て驚いたスホだが、少し落ち着いて見てみると、プニではなくヘラだった。

もう一度ヘラに手当てをしてもらい、少し休むと先ほどの体調の悪さは消えて、いつものスホに戻った。

当時研究所で働いていたと情報を持ってきた男の身元がわかった。
“ト・シンジェ博士”

スホにはまったく覚えがない名前…ヘラに聞いてみると、ヘラも覚えていなかった。

ト博士…ト博士…。
ヘラは覚えていないと言ったものの、なぜか引っかかるものがあり、ずっと考えていた。

すると、ふと思い出した。
ヘラが中学生の頃のこと…リビングで家族団らんをしていた時。

ヘラ父「ト・シンジェ博士は賭け事に目がない。金を都合してくれたらムン博士の資料を渡すとさ。まったく…。」
ヘラ母「とんでもない人ね…。」

そんな両親の話を聞いていたヘラ、
「ト・シンジェ博士のトは“賭”だから賭け事が好きなのね。」
と、言って家族が笑ったことを思い出した。

すぐにスホに電話をする。
ヘラ「ト・シンジェ博士を思い出したわ。研究費に手を付けてクビになった人よ。」

これでパク会長に買収されている人物だということが決定的となった。
スホは、証人になると判断して、部下にト博士を探すように指示をした。

違約金覚悟でパク会長の側からスホの側につこうとした地主のユンから連絡を受けたスホ。

先日登山の途中で何者かに狙われたユンは、自分を保護してくれるなら罪を白状する。
と、スホに持ち掛けてきた。

ユン「私はパク・チョルミンを見た。火災が起きた夜だ…。」

当時は食堂に勤めていて、出前を運んでいたというユン。

ユン「金曜の晩は社員食堂が休みだった。あの日も夜9時に行った、パク会長が慌てて出て来るのを見たんだ。」

スホは、すぐに信じず爆発音に驚いて飛び出しただけではないか?と、聞いた。

するとユンは、自分もそうかもしれないと思ったけれど、あの後急にパク会長の羽振りが良くなった。
日頃私をばかにするから悔しくてカマをかけてみたんだ。

ユン「あの夜あんたを見た。黙っていたら何をくれる?」
そう言って家と土地を手に入れた。許して欲しい…と、スホに頭を下げた。

その話を聞いて、スホは警察で証言をしてもらえますか?と聞く。
ユンはもちろんだと、再びスホに頭を下げた。

本部長に、自分の結婚記念日を祝うのに良いレストランを探すようにと言いつけられたヘラと同僚たち。

50年続く老舗のレストランで、雰囲気を確認がてら食事をする。

部長に送る写真を撮りながら「ここで結婚記念日を祝えたら幸せよね~。」
と盛り上がる女子会、ふとヘラは以前ここに来たことがあると思い出した。

年配のウエイターに、来客の記録はないか?とヘラが尋ねると。
見せてくれた。

いままで来た客の記念写真が綴られたアルバム。
その中にヘラと家族の写真があった。

“15回目の結婚記念日”と書かれた家族写真。
日付は、スホの父親が死んだその日だった!
決定的な証拠が見つかり、スホとの結婚に迷いがなくなったヘラは喜んだ。

シャロンに呼び出されていたヘラはシャロン洋装店に出向く。

ふたりの結婚が気にいらないシャロンは、自分が呼んでおきながら相変わらず態度が冷たい。
嫌味っぽく「結婚が決まったって叔母さんに聞いたわ」というシャロン。

まだ先ですが何か!?的なヘラ。

まだ先という言葉を聞いて、さらにシャロンは嫌味を連発。
永遠に結婚できないかも…父親を殺した人の娘だから…。

と、究極の嫌味を言ってきた。
呆れて鼻で笑うヘラ。

早く本題を話すようにとシャロンに言うと。
シャロンは、スホの事が好きだった。惹かれていた。と、話し始めた。

そして、もう諦めることにした。
彼の花嫁になる人にウエディングドレスを作りたい。
と言うが、ヘラはなぜだかわからない。

絶対に着ない!というヘラ。絶対に作る!というシャロン。
うんざりしたヘラは店を後にする。

額に傷を負って以来、時々具合が悪くなるスホ。
具合が悪くなると必ず頭の中をまったく覚えのない前世の記憶が駆け巡った。

あまりの辛さにベッキの元を訪れて相談をするスホ。

スホ「先生の講演で聞いた話がしきりに頭に浮かびます。」
疲れた様子でそう訴えるスホ。
ベッキ「私の話し方が上手だったからよ。」と誤魔化すベッキ。

スホは生まれ変わりを信じますか?と聞く。
何か心に引っかかるんです…心配そうなスホにベッキは言う。

朝鮮時代の墓から出た絵巻物が近々公開されるわ…それがあなたの前世よ…。
ベッキが朝鮮時代にジョムボクに描かせた絵巻物が、とうとう見つかったのだった。

そしてこう付け足す…
絹の衣で妻を名乗る女はあなたを殺した悪女よ、真の伴侶は顔にやけどの痕がある優しい下女。

やけどの痕と聞いてスホは自分も昔顔にやけどの痕があったことを思い出す。
偶然じゃないわ。あなたにもやけどの痕があったでしょ。
何がなんだかわからなくなってきたスホ…とても疲れていた。

帰宅してベッドに入り、眠りに落ちたスホ。
夢の中に顔にやけどの痕がある下女が出てくるものの、それはヘラではなくシャロンの顔をしている。

ベッキの“ヘラと居ることが大切よ”という言葉と、自分の脳裏に浮かぶプニ姿のソリン。
本当にスホは混乱していた。

スホの変化に気づいて、自分を思い出し始めた。
報われる時が来た。

とうれしさを見せるシャロン。
やはりスホを諦める気はない様子。
スホはヘラとデート中に突然「春に結婚しよう!」と言い出す。

ヘラは何かを成し遂げてから結婚したいから、2年後くらいにしたいと言う。
仕事だけではなく、いろいろな準備をしたい。

父親のことも解決してから結婚したいと言う。
何かわからない不安に焦らされたスホだったが、ベッキのすべてうまくいく。という言葉を信じてスホは納得した。

ジャンビンはジョムボクの絵巻物を見に来て欲しいと、政府機関から連絡を受ける。
一緒に行きたいとベッキはお願いするが、まだ一般公開ではないので。
と丁重に断られた。

ベッキはジャンビンに怪力を見せて、自分が普通と違うことを認識させた。
偶然その場に居合わせたヘラと、シャロンの店のスングも一緒に話を聞いた。

プニとソリン、ミョンソの話、それと一緒に祈祷文があるはずだからその内容を教えて欲しいとベッキはジャンビンに伝えた。

絵巻物の検証が始まった。ジョムボクはその内容がベッキが話してくれた話とまったく同じこと、描かれたあまりにも悲しい物語を見て何かを思い出したように、涙するのだった。

【23話】黒騎士~永遠の約束~-感想

額に傷を負ってから、前世の記憶が蘇りすぎてどんどん疲労していくスホが痛々しい今回のストーリーですが、またシャロンがなにか力を使ったの?

スホの頭を巡る前世の姿のプニとソリンが逆になっているってどういうこと?
後にネタバラシはあると思いますが、とても気になります。

まさか!スホはソリンとプニをそのまま信じてしまってシャロンの思い通りとかならないですよね!?

スホが覚醒したと同時に、ジョムボクの絵巻物が見つかって、ジャンビンも何かを思い出したのか?ただ物語の悲恋さに共感したから?

今話の終わり直前の絵巻物の物語と、ジャンビンの様子にこちらも、もらい泣きしそうになりました。

【24話】黒騎士~永遠の約束~-あらすじ&ネタバレ

検察で事情聴取が始まった。
スホは部下で可愛がっているチャンギの叔父を連れて聴取に臨んでいた。

建設会社の元理事のチャンギの叔父は、
「後で知ったが、金を貰って研究所に火をつけた実行犯が居ると聞いた。名前はチャン・チョルドュ、窃盗と放火で前科3犯、5年前に麻薬で死んだ。」と、証言した。

実はパク会長から多額の金を貰ってウソの証言をするように約束していた叔父。
証言が嘘だとわかっているスホは、がっかりして会社に戻った。

スホの事務所を突然訪問してきたシャロン。
再開発を支持することにしたから合意書を返して欲しいと言う。

会いたくも関わりたくもないスホは、すぐに返却するよう部下に指示した。
シャロンが部屋から出ていく直前、スホはシャロンが出て行った日に言った言葉を聞き直した。

“前世で夫婦だった。思い出して。私を愛するべきだ”と言いました。と答えたシャロン。

それを聞いて、確認するように
スホ「仮に前世があったにしても、何も変わりません。
僕はヘラを愛していて、生涯を共にする。僕の前に二度と現れないでください。」

と、はっきり言い切った。

ジャンビンが、ベッキの元にジョムボクの絵巻物を持ってきてくれた。
やっと見つけた絵巻物に涙が出るベッキ。

さっそく自宅にシャロンを呼んだ。

シャロンに絵巻物を見せ、祈祷文に答えがあった。と見せる。

“”私に命をくれたのは父母だが、光をくれたのはプニだった。卑しい私を大切に思い、才能を惜しいと言ってくれた…運命が入れ替わったソリンに、命を奪われたとは…来世ではミョンソとの恋を成就させてください…もし、ソリンがまた悪事をはたらいたら…九泉の鬼の刻印を体中に出し、ふたりを守ってください。“

ジョムボクの願いが書かれた祈祷文を目の当たりにしてもまだベッキに反発するシャロン。
ベッキとシャロンは口論になった。

その時、スホがベッキの家に到着した。
喧嘩をしている二人の間には、ジョムボクの祈祷文が…。
見られたらすべてがスホにバレてしまう!シャロンは祈祷文に火をつけた。

しかし、時祈祷文に火は付かず、シャロンの体にある「九泉之鬼」の文字が激しく痛んだ。
そしてついに「九泉之鬼」の文字が顔にまで…。
シャロンは自分の顔に浮かんだ文字を見てショックを受け、出て行った。

自分にも文字が浮かんだか?と確認をしたベッキ。
ベッキの腕には、文字は浮かんでいなかった。

ベッキがシャロンを追って外に出ると、シャロンは力なくうずくまっている。
ベッキは、もう観念してヘラの花嫁衣裳を作ろう。
それが終われば呪いが解ける。とシャロンをなぐさめた。

スホは、絵巻物を読んで前世のすべてを知った。
ソリンとベッキが長く生きてきたことも…。

そしてベッキは、ソリンとプニをすり替えたことをスホに告白し、シャロンの呪いが解けるように哀れみを与えてやって…と、お願いした。

手製の礼服を着ることが、ソリンに哀れみを与えることになると言われたが、スホは着たくないと断った。

ベッキはいままであなたのために祈ってきたから、一つだけ私のお願いを聞いて。
と、スホにすがった。

スホは仕方なく承諾し、このことはヘラには言わないでおきます。と言って帰った。

自宅に戻ると、ヘラがリビングのソファで眠っていた。
自分を待っていて寝てしまった様子。けなげなヘラを見て、愛しさが募るスホ。

目覚めたヘラに
「結婚は2年後でも10年後でもいい。君がそばに居れば。」と言う。

あんなに急いでいたのに、そう言うスホに、ヘラは
「考えてみたの。来年にしましょ。前撮りは少しでも若いうちに。」

ふたりはすぐに結婚写真を撮ることに決めた。
ヘラはドレスはこの間の店で?と聞く。
スホは自分が用意すると言い、どこで用意するかは今度話す。と答えなかった。

これは、ベッキのお願いの通りシャロン洋装店で作る気ですね。
ベッキの願いを聞くのはいいけれど…本当に、シャロンの作ったドレスで結婚式をするなんて、なんだか嫌な予感しかしてこない…。大丈夫でしょうか?

心配だったことが解消されて、すっかり元気になったスホ。
前世の記憶に脅かされていた時とは別人のように元通りになった。

パク会長に、検察から承認召喚状が届いた。
心配するゴンに、こんなものは今まで何回も届いたから大丈夫だ。
いずれお前にも来るようになる。

と、当然のように言う。
いずれでも来てはダメなんですが…。

ヨンミにも同じく証人召喚状が届いていた。
なぜこんなものが?と、不思議がるゴン。

送信元がムンにバレたのでは?変なことするからだ。
と、ヨンミにはがっかりした様子。

ヨンミはいつものように「あなたのためにやったのよ。」と言う。
呆れるゴンに愛想をつかされそうに感じたヨンミは、
「別れる?」と聞く。

すると、ゴンはすんなり「ああ」と答えた。

そんなゴンの態度に怒ったヨンミは
「放火したのも、ヘラの父を殺したのもお父様よ。検察に話すわ!」
とゴンに言い放つ。

とうとう言ってはいけない一言を言ってしまいました~。

ビックリして何が何だかわからないゴンに「ウソよ。」とだけ言って、ヨンミは出て行った。

シャロン洋装店では、ヘラのドレス作りが始まっていた。

顔に浮かんだ呪いの文字はまだ消えていないシャロン…。
鏡に写っている文字を見て、少し落ち込んでいる?のか、まだスホを取り返そうと企んでいるのか?何か考えているよう…。

外出していたヘラが会社に戻ると、フロアはなんだか暗い雰囲気。
本部長と上司は深刻な表情…ヘラが何か起こったのかと二人を見ると。

部長「代理に昇進…」「おめでとう!!!」
と、社員全員で祝ってくれた。

ヘラの業績が認められて、ついに昇進!ピンチの度にヘラがいいアイディアを出して切り抜けてきましたからね♪

結婚式の衣装が出来たので、来店して欲しいとスホに連絡してきたシャロン。
衣装を作り終えたからか?シャロンの顔の文字は消えていた。

少し気まずいながらも、衣装を取りにシャロン洋装店に出向いたスホ。
到着するとすぐ試着をするように促され、着替えて出てくるとシャロンがいない。
店を見回していると、ヘラに作ったはずのドレスを着たシャロンが現れた!

「私は不老不死だからなんでもできる…。」
花嫁姿のシャロンは、最後だから…と、言いつつやはり前世のことを話始めた。
シャロンのしつこさに怒ったスホは上着を脱ぎ棄てた。

そんなスホに、私を殺して欲しいと小刃を渡してくる。
断ってもまだ、前世で愛されなかった…と続ける。
ついには、自分でやる。どうせ後は死ぬだけだし…今までどおり寂しくね。

完全に怒ったスホは
「よかった。僕もヘラもあなたに会いたくない。」
と、とうとう衣装を脱ぎ始めた。

愛してしなくても一度だけ抱きしめて…昔みたいに…。
そう言うシャロンに我慢できなくなったスホは、はっきり断った。

背を向けるスホに、まだすがるシャロンは三寅剣を手に。
「待ってるから、生まれ変わって私の男になって。」
とスホの心臓をめがけて剣を突き立てた!

【24話】黒騎士~永遠の約束~-感想

ついに、ジョムボクの絵巻物から祈祷文を見つけることができ、ベッキとシャロンの罪を償うための長い人生が終わる?ところまで来たのに…
やはりシャロンはまだスホを手に入れようと悪あがき。

とうとう顔にまで“九泉之鬼”の文字が浮かんだシャロン。
そうなったらおしまいだと言われていたのに、やっぱり究極のところまで来てしまいましたね。

そして、登場したプニの指輪を溶かしてまで作った“三寅剣”。
まさかスホに使うとは…。ヘラが狙われると思っていたら、スホでした…けれど、思い通りにいかないから、殺して自分の物に…だなんて、完全にストーカーの考えです。

執着もほどほどにしないと、どんどん不幸になるばかり、スホは大丈夫でしょうか?

黒騎士~永遠の約束~を無料で見る方法

黒騎士~永遠の約束~をリアルタイムで見逃してしまっても、U-NEXTで全話見ることができます!

U-NEXTは、『雲が描いた月明かり』や『太陽の末裔』など人気作品の独占見放題配信も多くて、韓ドラの見放題本数はなんと700本以上♥♥

U-NEXTは、31日間の無料お試し期間があります!31日間は、特に追加料金もなく無料で全話見れますよ~~~!

『入ってみて、意外と見るものないな…』

って思ったなら登録してから31日以内なら、解約しても料金はかかりません!

しかもトライアル特典として、600円分ポイントもらえるから、見放題作品以外でも最新の韓ドラが見れちゃうからおすすめですよ。

U-NEXTの無料お試しはこちら

【22話~24話】黒騎士~永遠の約束~-まとめ

シャロンに言われた前世の話が、額を怪我したことで蘇り始めたスホ。
自分の知らない自分に戸惑って、シャロンの執念に翻弄されてすっかり弱ってしまいました。

シャロンの言い分はずっと変わらず自分本位。
まったく反省をすることも、諦めることもせず、ただただスホとヘラを恨んで恨んで恨みは止まることがないようです。

そのためとうとう顔にまで“九泉之鬼”の文字が浮かんでしまっていわば末期の状態に。

報いとして、二人が結ばれるための衣装を作れば呪いが解けると、ジョムボクの祈祷文に書いてあると主張するベッキの話も聞かずさらに怨念を募らせるシャロン。

ついに、プニの指輪を溶かして刃にした“三寅剣”で、命にかかわるところまで来てしまいました。
誰がシャロンを止めることができるのか?

どうすればスホとヘラが、長年の思いを遂げて一緒になれるのか?もう少し波乱が続きそうです。

黒騎士~永遠の約束~-評価とネタバレ全話一覧

黒騎士~永遠の約束~評価とネタバレ一覧はこちら