「私の名前はキム・サムスン」のチョン・リョウォンと元プロ野球選手のユン・ヒョンミンが主演!

エース検事とイケメン新人検事。
犬猿コンビの二人が、次々と事件を解決する法廷ドラマ!

「魔女の法廷」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「魔女の法廷」(13話~15話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

魔女の法廷の相関図・キャスト情報はこちら

魔女の法廷-あらすじ13話

ジスクの事務所で出会ったヨンヒ。
ヨンヒを通して、キングダムの存在を知るイドゥム。

 

テギュの暴行事件の証拠映像について、ミンホに尋ねる。
しかし、ちゃんと答えないミンホから手掛かりはつかめない。

 

その頃、キングダムの責任者が、カプスの重要な証拠を持っていることがわかる。
その証拠を手に入れるため、危険な計画を企てるイドゥムは…。

魔女の法廷-あらすじ14話

女子高生を殺した、真犯人のテギュ。
テギュの暴行シーンが映った証拠映像を、手に入れたイドゥム。

 

イドゥムたちは、その映像を新たな計画を立てる。
キングダムのロビについて明らかにしようとする。

 

一方、ミン部長は、研修生時代の同期の検事に会う。
そして、キングダムの家宅捜査の令状を出してもらえるよう申し出るが…。

 

魔女の法廷-あらすじ15話

ヨンシルが生きていることを知ったカプス。
ガプスは、ヨンシルを消すよう命ずる。

 

イドゥムとジヌクは、サンホが残した手帳を証拠として提出。
キングダムの特別捜査を開始する。

 

ガプスの人脈を隅々まで洗い直す、特別捜査チーム。
捜査が行き詰まる中、再びイドゥムの直感が働き…。

魔女の法廷-13話~15話の感想

だんだんカプス追い込まれていくね。

 

覚えていなくても、テレビのイドゥムの姿を見るだけで涙を流すなんて…。
話を聞いてから、あっという間にイドゥムが訪ねてきた。
早すぎるよ~!

 

って思ったらガプスだった。
え~感動の再会になると思ったのに(>_<)
何もおきなきゃいいんだけどな…。

魔女の法廷-次回のあらすじ

イドゥムは、母に会いに病院に向かう。
しかし、母は突然姿を消してしまい…

魔女の法廷のあらすじ(16話最終回)はこちら

魔女の法廷-全話一覧

魔女の法廷-あらすじ全話一覧はこちら