最高視聴率27.5%「青い鳥の家」の脚本家、パク・ピルジュが手掛ける作品!

絡み合う中年男女4人の愛憎劇!!
初々しい恋愛から、中年男女の恋愛まで幅広く描かれています!

「また、初恋(漆黒の四重奏)」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「また、初恋(漆黒の四重奏)」(94話~96話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

また、初恋(漆黒の四重奏)の相関図・キャスト情報はこちら

★また、初恋(漆黒の四重奏)-あらすじ94話

ヨンスクに背を向ける事を、決意するミンへ。
自分の味方までも、どうにかしようと企んでいたミンへに怒るヨンスクだった。

 

そして、会長の座を譲らなかったら、ドクべがへリンがどうなるか分からないと脅していた。
そんなヨンスクに、ミンへは私が間違っていたと土下座をし、反省するふりをするのだった。

 

ヨンスクは会長の座をドクべに返す事で、数年後再びミンへが会長になれると説得するのだが…

★また、初恋(漆黒の四重奏)-あらすじ95話

ドユンは、ガオンに自分と会った事は秘密にするようお願いする。
そして、ハジンに気づかれないよう急いでガオンを帰すのだった。

 

ジョンウは訴訟の取り下げだけでなく、親権を放棄する書類も書いてこいとドクべを脅していた。
ドクべ脅迫された事をドユンに話し、親権を放棄する書類の事を伝える。

 

ミンへが、ガオンを連れて来たくなくて、ジョンウに診断書を渡したと考えていたのだが…

 

★また、初恋(漆黒の四重奏)-あらすじ96話

ファランを紹介して、後にするドクべ。
会長の座から降りる事になったら、次戻れる可能性は低いと言い、絶対1人だけ奈落の底に落ちるような事しないと話すミンへ。

 

一方、サンフ食品にスカウトされ、本部長になるハジン。
ハジンは会社を後にして、ミンへのところに行く。

 

ハジンが、LK食品のライバル会社に就職した事を知ったミンへは、自慢しに来たのかと嫌味を言うのだが…

★また、初恋(漆黒の四重奏)-94話~96話の感想

ミンへがヨンスクに土下座をした時は驚いたけど…
演技だったのね(;’∀’)
ミンへがあんな事する訳ないか…(笑)

 

ジョンウはドクべを脅迫してたけど、ちょっとドクべが可愛そうと思ってしまった(*_*)

 

大人の問題に、子供まで巻き込まないでほしいわ(>_<)
ハジンは新しい会社に就職できて、ミンへの会社をどうするつもりだろう??

★また、初恋(漆黒の四重奏)-次回のあらすじ

ドユンの提案に心が揺れるファランは、結局ミンへの解任を否決するのだった。
そんな判決に、ドクべは激怒して…

また、初恋(漆黒の四重奏)のあらすじ(97話~99話)はこちら

★また、初恋(漆黒の四重奏)-全話一覧

また、初恋(漆黒の四重奏)-あらすじ全話一覧はこちら