Player(プレイヤー)

韓国ドラマ・Player(プレーヤー)-あらすじと感想!最終回まで(13話~14話最終回)


ソン・スンホンが天才詐欺師に!爽快なアクションドラマ!

最高のプレーヤーたちが集まり、違法のお金を盗む!!
見ていて超爽快気分になるアクションストーリー!

「Player(プレーヤー)」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「Player(プレーヤー)」(13話~14話(最終回))のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

Player(プレーヤー)の相関図・キャスト情報はこちら

Player(プレーヤー)-あらすじ13話

車に引かれたジャン検事は意識はあるが、大怪我をしてしまう。
プレイヤーたちはハリとジャン検事が逃げられるように手伝う。

やっと「彼」の部下たちを撒いたビョンミンはアリョンとジヌンに、ハリがチェヒョンギの息子だと告白する。
一方、検事長のギフンはジャン検事を捕まえるために指名手配する。

そんな中、ジャン検事に自分がチェヒョンギの息子だと告白したハリ。
ギフンを訪ねて、ギフンの服に追跡装置をつける。

「彼」に電話を掛けたハリは自分と会ってほしいと話す。
ようやく「彼」に会ったハリだが、そんなハリに、自分はハリの父が死んでほしいと望んでいた人たちの手足に過ぎないと話す「彼」。

そして、現れた「彼」の部下たちと戦っていたハリだが、追い込まれてしまう…。

Player(プレーヤー)-あらすじ14話(最終回)

追い込まれたハリのところにプレイヤーたちが現れる。
ビョンミンが「彼」の部下たちを制圧して、ハリの後について「彼」を追いかける。

ハリは指名手配されたのは自分だけなので一人で「彼」を追いかけると話すが、ジヌンとビョンミンは自分たちも指名手配されていると話す。
唯一、指名手配されていないアリョンを除いて、ビョンミン、ジヌンと一緒に「彼」を追いかけるハリ。

そして、「彼」がいる建物の中に忍び込んだハリたち。
ビョンミンが建物の中を停電させた間、ハリは「彼」の部屋に潜入する。

ハリは「彼」と政財系の大物たちが密会している姿を生放送で流す。
そこにジャン検事と警察が出動して「彼」は逮捕される。
そして、ハリとプレイヤーたちも結局逮捕されてしまう。

ハリとビョンミン、そしてジヌンは実刑になって刑務所に行くとこになる。
3人は車に乗って刑務所に向かうが、運転席にはアリョンが座っていた。

そんなアリョンに気付いて驚くハリたちだが、助けに来たというアリョンの言葉に笑って逃げるハリとプレイヤーたち。

 

Player(プレーヤー)-13話~14話(最終回)の感想

ジャン検事が車に引かれた時は死んだかなと思ったけど…
怪我で済んでよかった~!

「彼」は人の命を何だと思っているんだ!!
本当に許せない!!!(`Д´メ)

でも、無事に逮捕されてよかった!!
これで今まで犯した罪をしっかり償ってほしい。

楽しませてもらいました♪

Player(プレーヤー)-全話一覧

Player(プレーヤー)-あらすじ全話一覧はこちら