ロボットじゃない

韓国ドラマ・ロボットじゃない-あらすじと感想!最終回まで(31話~32話最終回)


ユ・スンホがラブコメに初挑戦!チェ・スビンとのやりとりが話題!

人間アレルギーの男性がロボットと恋をする!?
ロボットの振りをしている女性と出会い、恋に落ちていくラブコメディ!

「ロボットじゃない」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「ロボットじゃない」(31話~32話(最終回))のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

ロボットじゃないの相関図・キャスト情報はこちら

ロボットじゃない-あらすじ31話

ベッキュンは、アジ3のメモリーの中にあったものをミンギュに渡す。
それは、マーティン会長の自白映像だった。

 

記者会見を前に、緊張するミンギュを励ますジア。
ミンギュは、ジアなしで1人で記者会見に挑めるよう、勇気をもらう。

 

緊急知事会当日、ユチョルは記者会見をしてから決定をしようと提案する。
記者会見を開いたミンギュは、自分の病気を告白する。

ロボットじゃない-あらすじ32話(最終回)

ジンぺが自身の辞表を取り戻したいと申し出たのに、ミンギュは修理中だとあしらう。
その事を聞いたジアは、ジンベの性格を考え新たな作戦を練る。

 

ミンギュは、ジンベとジアの家を訪ねる。
ジアの作戦を遂行するために。

 

作戦は成功し、ジンベは今まで通りミンギュのもとで働くことに。
そして、会社の外ではジアの彼氏としてミンギュを認め、問題は解決する。

 

2年の歳月が流れる。
ベッキュンは、新たなAIロボットの開発の発表をする。

 

ユチョルとリエルも順調に愛を育んでいた。
ジアは事業家として大成功を収めていた。
ジアとミンギュの恋の行方は…。

 

ロボットじゃない-31話~32話(最終回)の感想

可愛いハッピーエンド(#^.^#)
みんな大成功してよかったね!

 

ベッキョンもアジ3の時は老いぼれてたけど、カッコよくなっちゃった。
恋愛も上手くいってるみたい。

 

ジアも、もともと頭がいいんだよね。
事業家になったジアは、また一段と美しくなった気がする。

 

ユチョルも、ようやく罪悪感から抜け出したね。
リエルとの恋愛も上手くいって、幸せそうだからよかった♪

ロボットじゃない-全話一覧

ロボットじゃない-あらすじ全話一覧はこちら