緑豆の花

韓ドラ・緑豆の花(19話~21話)のあらすじ感想【ボンジュンの改革案】


チョ・ジョンソク復帰作!波乱万丈なヒューマンストーリー。

時代は東学農民革命。
戦わなければならなかった異母兄弟を描いたヒューマンストーリー。

「緑豆の花」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

今回は、「緑豆の花」(19話~21話)のあらすじと感想を 紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

緑豆の花-前回までのあらすじと感想

ファンリョン山での戦いで勝利を収めた東学軍。

さらに東学軍は全州へと進み、全州城の占拠に成功する。

その頃、イヒョンも討伐隊として全州に向かい…

ゆきママ
ゆきママ
東学軍と政府軍の戦いが激化!!イガンとイヒョンはそれぞれに銃を向け合う状況に…ますます目が離せない展開になってきた!!

緑豆の花-あらすじ19話

官軍と討伐隊の追撃に名乗りを上げるイガンと別働隊。

一方、銃弾をうけ、負傷したイヒョンには、東学軍の追撃の手が迫っていた。
イヒョンを発見し、銃を構えるボンゲだが、相手がイガンの弟であることに気づいたため、撃つのを躊躇してしまう。

ボンゲを失い、深い悲しみに包まれる別働隊員たち。

その頃、イヒョンの前には清国からの使臣が現れ…

ゆきママ
ゆきママ
ボンゲの命を奪ったのがイヒョンだと知ってしまったら、イガンはどうするんだろう…大事な仲間を殺した怪物が弟だなんて…

緑豆の花-あらすじ20話

ボンジュンのもとを訪れたイガン。

イガンは仲間を助けてほしいと懇願するが、ボンジュンは時には心を鬼にしなければならないと告げる。

一方、ジャインは父ボンギルのもとを訪れ、ある取引を持ち掛けていた。

その頃、戦いに備え、林の茂みに隠れていたイガンは、林の中を歩くジャインを見つけ驚くのだが…

そんな中、身を隠していたボンギルはボンジュンの暗殺を企てていた。

イガンと東学軍はボンギルを捕らえに向かったのだが…

ゆ き マ マ
ゆ き マ マ
ボンギルが捕らえられちゃって、ジャインはどうする?!ボンギルも暗殺なんて考えないで、おとなしくしていたら良かったのに…

 

緑豆の花-あらすじ21話

ボンギルの居場所を問い詰めるイガンに、父に手出しをしたら許さないと警告するジャイン。

ジャインは東学軍に捕えられたボンギルとドクギを助けるため、ボンジュンのもとへと向かうことに。

ボンジュンに取引を持ち掛けたジャインは、反対にボンジュンから朝鮮の未来が掛かった大きな取引を持ち掛けられるのだった。

官軍にボンジュンの意志を伝えに向かったジャインとイガン。
そこには幣政改革案が記されており…

ゆきママ
ゆきママ
ジャインが重要な使命を担うことに!!政府側はどう出るか?!

緑豆の花-19話~21話の感想

ボンジュンが幣政改革案を提示したことで、東学軍と政府の戦いは大きな局面を迎えることに!!

史実に基づいて話が進んでいくと思うから、この先、日本も大きく関わっていくことになるでしょうね!

イヒョンが日本に留学していたこともポイントになってきそうな気がするわ…

次回はまた新たな展開になりそう☆

つづきが楽しみ(^^♪

緑豆の花-全話一覧

緑豆の花-あらすじ全話一覧はこちら