日本でも大人気アイドル! ZE:Aのパク・ヒョンシク出演!

あり得ない怪力を持つ主人公が、ちょっと変わった男性を好きになっていく!?
若手のイケメン俳優二人と繰り広げられる、ラブロマンス!

「力の強い女ト・ボンスン」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「力の強い女ト・ボンスン」(16話(最終回))のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

力の強い女ト・ボンスンの相関図・キャスト情報はこちら

★力の強い女ト・ボンスン-あらすじ16話(最終回)

ボンスンの手により、ついに捕まった誘拐犯のキムジャンヒョン。
指名手配犯が捕まったと、大きく報道された。

 

奥さんのジニと喧嘩をし、家に帰らないボンスンの父チルグに会いに行くミニョク。
ボンスンの父に、結婚の了承とともに家に戻るよう説得して、帰らせるミニョク。

 

それは家に帰らない父を心配する、ボンスンのための行動だった。

 

犯人はその後、拉致と監禁の容疑で、無期懲役の判決が下されることになった。
犯人逮捕に尽力したククドゥは、その頑張りが認められ、ドボン洞から江南区の警察に異動が決まったのだった。

 

ボンスンに会いに行き、「これからも永遠に変わることのない友達だ。幸せになってくれ」と伝えるククドゥ。
その後、ミニョクにも会いに行くが、続けてボンスンの好き嫌いを言い並べていくククドゥに、嫉妬するミニョクだった。

 

事件後、希望通りゲーム開発チームに正式採用されたが…
怪力を良いことのために使うと決めたことで、毎日人助けで忙しいボンスン。

 

遅刻などが増えて上司に怒られ、元のミニョクがいる開発待機チームに戻されてしまう。
結局、ミニョクとラブラブなふたりに呆れるコン秘書だった。

 

結婚をしたボンスンとミニョク。
ボンスンの母ジニはm怪力の遺伝子を受け継ぐ孫のことを考える。
そして、男の子が産まれてくるように祈るが、生まれたのは双子の女の子であった。

 

赤ちゃんながらも怪力なため、お手上げ状態のミニョク。
一方のボンスンは、出産後も人助けで忙しくしていた。

 

それは、自分の子供たちが少しでも悪がない、良い社会で生きられるように、という親心であった。

★力の強い女ト・ボンスン-16話(最終回)の感想

ついに最終回を迎えてしまった~( ノД`)

 

ボンスンの父のチルグに、ボンスンと結婚したい!とお願いするミニョクの姿にキュンキュン!
「僕が責任をもって幸せにします」という熱い思いが伝わって、一緒にお酒を飲むシーンはよかった~!

 

一方でククドゥもとってもかっこよかった!
ボンスンのこと好きだけど、ボンスンのことを考え変わらぬ友情を決意して言葉を贈る場面…
本当にかっこいい( *´艸`)

 

最初はどうなるかとハラハラドキドキした三角関係にも、きちんと終止符がうたれたシーンだった。

 

そしてmミニョクとボンスンはついに!ゴールイン!!!
ふたりの間の子はもちろん、怪力の遺伝子を受け継いでいて、しかも双子だからもっと大変そう(笑)
それでも、子供たちが生きやすい世の中を作るために、人助けをたくさんするボンスンは素敵なお母さん♪

 

毎話、怒涛の展開で視聴者を飽きさせない、どきどきが止まらないドラマだった~!(^^)!

力の強い女ト・ボンスン-全話一覧

力の強い女ト・ボンスン-あらすじ全話一覧はこちら