未分類

チャダルレ夫人の愛(100話最終回)のあらすじ感想【最終回の結末は?】


主演はハ・ヒラ!大人女子たちが共感できるヒューマンドラマ!

平均を上回るような、恵まれた生活を送っていると思っていた中年女性3人。
突然やってきた困難を乗り越えようと奮闘する、超どたばたストーリー!

「チャダルレ夫人の愛」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「チャダルレ夫人の愛」(100話(最終回))のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

チャダルレ夫人の愛の相関図・キャスト情報はこちら

チャダルレ夫人の愛-あらすじ100話(最終回)

3年の歳月が流れる。
長期海外出張を終え帰国したジノクは本部長として出世する。

ソヨンの娘ハナは、1歳の誕生日を迎えようとしていた。
ハナとボンナムは大の仲良し関係を築いていた。

一方、結婚の許しをもらいに行くと渡米したチャンホ。
チャンホの帰りを待つミレだが、連絡がなく不安になっていた。

ハナのトルジャンチ(一歳の誕生日会)でみんなが集まる。
ソンジュは手作りの料理をもってお祝いに駆けつける。

ソンジュは、久々のジュノとの再会に心ときめかせていた。
ジュノは、ソンジュの成功を心から祝う。

ジュノとソンジュは過去の事を謝罪し誤解を解くのだった。

チャダルレ夫人の愛-100話(最終回)の感想

ようやく最終回を迎えました(#^.^#)
すごい展開だけどハッピーエンド。

ジノクの会社のポスターがダルスクにミレってちょっとウケる(笑)

みんな40代を過ぎて苦しみもがきながら結局は大成功。
あり得ないくらいの大成功である意味羨ましいよ。

自分も諦めないでなんかがんばらなきゃって勇気をもらった。
年齢なんか関係なくてやる気なんだよね。

痴呆のボンナムがハナの面倒を見ているのも少し違和感を感じた。
症状も安定しているようだからよしとしよう(^_-)-☆

最終回は大体誰かの結婚式だけど今回はトルジャンチだったね!
ハッピーエンドでよかった♪

チャダルレ夫人の愛-全話一覧

チャダルレ夫人の愛-あらすじ全話一覧はこちら