最高視聴率は14.1%!時代劇王のソン・イルグク主演の時代劇!

15世紀朝鮮時代に「最高の科学者」として時代を動かした男。
男の生涯と成長を描いたヒューマンストーリー。

「チャンヨンシル~朝鮮伝説の科学者~」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「チャンヨンシル~朝鮮伝説の科学者~」(1話~3話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

チャンヨンシル~朝鮮伝説の科学者~の相関図・キャスト情報はこちら

チャンヨンシル~朝鮮伝説の科学者~-あらすじ1話

時は朝鮮王朝・国王太宗(テジョン)の時代。

 

夜空の観察が大好きな少年ウンボク。
ウンボクは書雲観という天文観測をする部署の判事チャン・ソンフィと、宮廷に仕える妓生との間に生まれた。

 

ある日、初めて父親に会ったウンボク。
父親からチャン・ヨンシルと名付けてもらう。
天体観測好きは、父親譲りの才能であることを知る。

チャンヨンシル~朝鮮伝説の科学者~-あらすじ2話

当時、日食は災いが起こる前兆と考えられていた。
国王の太宗は、書雲観に日食の起こる日の予想をさせる。
ところがユ判事の予想が外れ、王の顔が曇る。

 

そんな中、太宗はソンフィに日食の予想を任せる。
ソンフィの予想日に合わせて、儀式の準備を進める。

 

一方、官奴として宮廷で働くヨンシルは慌てていた。
父ソンフィの予想が間違っていることに気づいたのだ。

 

チャンヨンシル~朝鮮伝説の科学者~-あらすじ3話

数年後。
奴婢のヨンシルは、ここから逃げ出したいと考えていた。

 

偶然知り合った船主から、明への密入国の提案を受ける。
条件は自動回転する渾象(ホンサン)という、星座観測用の機器を作ることだった。

 

渾象を作る決心をしたヨンシルは、ソンフィと再会する。
ソンフィの協力もあり、渾象制作を始めるヨンシル。

 

そんな中、ヨンシルはハクチュが原因で母が亡くなったことを知り…。

チャンヨンシル~朝鮮伝説の科学者~-1話~3話の感想

実際に偉業を成し遂げた人物、チャン・ヨンシルです。

 

こういう後世に名を遺した偉人って、奴婢出身者が多いよね。
今回のドラマの主人公チャン・ヨンシルも同様だったんだ!

 

秀でる才能がある人は、どんな身分であろうと頭角を表すんだね。
チャン・ヨンシルは、今のところ手先が器用で天体観測が好きな少年。
次回から頭角を表すのかー!?

チャンヨンシル~朝鮮伝説の科学者~-次回のあらすじ

ヨンシルが、渾象の制作を始めたことを知ったハクチュ。
ハクチュはヨンシルの作業小屋に…

チャンヨンシル~朝鮮伝説の科学者~のあらすじ(4話~6話)はこちら

チャンヨンシル~朝鮮伝説の科学者~-全話一覧

チャンヨンシル~朝鮮伝説の科学者~-あらすじ全話一覧はこちら