詩を忘れた君に

韓国ドラマ・詩を忘れた君に(ラブセラピー)-あらすじと感想!最終回まで(10話~12話)


「ピノキオ」のイ・ユビが主演!若手俳優も多数出演し話題♪

理学療法士が一生懸命に生きている日常を詩で表現し描く。
病院を背景に繰り広げるコミックドラマ!

「詩を忘れた君に(ラブセラピー)」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「詩を忘れた君に(ラブセラピー)」(10話~12話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

詩を忘れた君に(ラブセラピー)の相関図・キャスト情報はこちら

詩を忘れた君に(ラブセラピー)-あらすじ10話

ジェウクにふられたボヨンは、大きなショックを受ける。
何もなかったふりをしようと努力するが、心は思い通りにいかない。

ジェウクに会うと彼の事を考えてしまうボヨン。
知らぬ間に涙が溢れてしまうのだった。

そんなボヨンを見守っていたのがミノだった。
ミノは、ボヨンを気分転換に誘う。
しかし、そこでジェウクと遭遇してしまい…。

詩を忘れた君に(ラブセラピー)-あらすじ11話

ボヨンはジェウクと共にある少年の治療を任される。
けがのせいで夢を失った少年は、治療を拒否するのだった。

ボヨンは、少年を説得しようと奮闘する。
しかし、ジェウクは、リハビリをする意思ががなければ治療をやめようと言い出す。

ボヨンは、そんなジェウクの心理が理解できない。
ボヨンとジェウクの葛藤が始まるのだった。

 

詩を忘れた君に(ラブセラピー)-あらすじ12話

ボギョンの前に現れた人物は、ジェウクだった。
ジェウクは、正直な気持ちを告白する。

ボギョンはジェウクの気持ちを受け入れ二人は晴れてカップルに。
幸せいっぱいのボギョンだった。

ボギョンの幸せ恋愛モードは誰が見てもわかるほどで。
デートを楽しむボギョンとジェウクは…。

詩を忘れた君に(ラブセラピー)-10話~12話の感想

ボヨンみたいな女性かわいいよね!
男だったらほっとけないタイプ。

ジェウクの告白は誠実でかっこよかったな♪
その告白を受けたボヨンの反応も愛おしいね。

あんなこと言われたら、男はとろけちゃうんじゃないかな。
ボヨンを見習って行動や言動をメモしておこーっと。

詩を忘れた君に(ラブセラピー)-次回のあらすじ

ボヨンは、会議で処方に関する提案をする。
尊敬するリハビリテーション科の課長の助言をもらうボヨンは…

詩を忘れた君に(ラブセラピー)のあらすじ(13話~15話)はこちら

詩を忘れた君に(ラブセラピー)-全話一覧

詩を忘れた君に(ラブセラピー)-あらすじ全話一覧はこちら