油っぽいメロ

韓国ドラマ・油っぽいメロ-あらすじと感想!最終回まで(34話~36話)


2PMのジュノ×チャン・ヒョクが主演!中華料理店を舞台に繰り広げるラブコメ♪

有名シェフと元ヤクザ…個性的なキャラクターが勢揃い!
中華料理店を舞台に繰り広げられる男女3人の熱いラブコメディ!

「油っぽいメロ」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

今回は、「油っぽいメロ」(34話~36話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

油っぽいメロの相関図・キャスト情報はこちら

油っぽいメロ-あらすじ34話

ジョンヘに、セウと会うなと言われてしまったプン。
必死にセウへの気持ちを伝えるが、ジョンヘになかなか受け入れてもらえない。

 

一方、疑いが晴れ、スンギは無事に釈放された。
そして、プンとともに画竜点睛の厨房で働くことになったセウ。

 

しかし、初日からその厳しさに打ちのめされてしまうのだった。
そんな中、プンのもとにスンギから電話がかかってくるのだが…

油っぽいメロ-あらすじ35話

突然、ホテルに現れたスンギに戸惑うプン。
プンはセウを心配するスンギを厨房に案内し、セウの仕事に対する想いを伝えるのだった。

 

一方、入院中のソンニョを訪ねるチルソン。
そこで初めて母の気持ちを知り、涙を流すのだった。

 

再度、ジョンヘに画竜点睛で働きたいと頼むソルジャとコックチョン。
しかし、簡単には許しを得ることができず…

 

油っぽいメロ-あらすじ36話

画竜点睛を低価格で、誰でも入りやすい店に変えたいと考えはじめたプン。
厨房のスタッフたちに説得を試みるが、猛反対されてしまう。
落ち込むプンを心配するセウ。

 

しかし、翌日スタッフたちは出勤せず、ストライキされてしまうのだった。
それでも次々と入る注文になんとか対応しようとするプンたち。

 

そんな状況の中、プンはジョンヘに呼び出されるのだが…

油っぽいメロ-34話~36話の感想

ジョンヘはなかなかプンを認めてくれないね(/_;)
ジョンヘにもスンギにも反対されてしまって、さすがにプンの心も揺らいでしまったのかな。

 

そんなプンにセウは、それなら別れると宣言していたけど…
このまま本当に別れちゃうのー?!

 

さあ、次回はいよいよ最終回!!
どんな結末になるんだろう?!

油っぽいメロ-次回のあらすじ

プンに別れようと告げるセウ。
家に帰ったセウは…

油っぽいメロのあらすじ(37話~38話(最終回))はこちら

油っぽいメロ-全話一覧

油っぽいメロ-あらすじ全話一覧はこちら