愛はぽろぽろ

韓国ドラマ・愛はぽろぽろ(恋はぽろぽろ)-あらすじと感想!最終回まで(10話~12話)


ヒットドラマ「白夜姫」のカン・ウンタクと「ボスを守れ」のワン・ジヘ主演!

元彼女から心臓移植を受けた一人の男性。
そんな男性に心惹かれていく女性のラブロマンス!

「愛はぽろぽろ(恋はぽろぽろ)」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「愛はぽろぽろ」(10話~12話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

愛はぽろぽろの相関図・キャスト情報はこちら

愛はぽろぽろ-あらすじ10話

ウヒョクが倒れる直前、レストランの従業員とのあいだで起こした騒動のようすが、インターネット上に公開される。
動画は瞬く間に広がり、世間を騒がせる事態になってしまった。

 

そんな中、当のウヒョクは謝罪する意思も見せない。
それどころか、告訴すると言い出す始末だ。

 

見かねたオ会長は、ウヒョクに代わって記者会見を開く。

愛はぽろぽろ-あらすじ11話

ニュースをみて、ドンジュンの事故を知ったウヒョク。
自分の置かれた状況と比べて、複雑な感情を抱く。

 

一方、パンウルはドンミンから、心の準備をしておいた方がいいと告げられる。
ショックをうけ、泣き崩れるパンウル。

 

そんな中、ドンジュンが臓器提供のドナーカードを書いていたこと知ったスンボク。
ドンジュンの意思を受け入れられないスンボクは、提供を承諾できず…

 

愛はぽろぽろ-あらすじ12話

心臓の移植手術を受けたウヒョク。
移植によって、新しい人生を手に入れることができたのだ。

 

退院したウヒョクは、徐々に日常生活に戻っていく。
まるで人が変わったかのようなウヒョクの姿に、周囲の人々は驚く。

 

一方、事故の原因は自分たちのせいだと自らを責めるドンジュンの両親。
パンウルは、ドンジュンの両親のためにある決断をする。

愛はぽろぽろ-10話~12話の感想

なんとパンウルのお父さんに続き、ドンジュンまでもが事故で亡くなってしまたった…(;゚Д゚)
序盤からこんな展開になるなんて!

 

大切な人を、2人も失ってしまったパンウルの気持ちを考えるとやるせない(/_;)

 

ドンジュンの両親も息子の意思を汲んであげたいという気持ちと、承諾したくないという気持ちの間で相当の葛藤があっただろうな…

 

新しい心臓で生きるウヒョクとパンウルは、今後どのようにかかわっていくの~?!

愛はぽろぽろ-次回のあらすじ

悩んだ末、家を出ることにしたパンウル。
生まれた子が、男の子だという知らせを聞いたスンボクは…

愛はぽろぽろのあらすじ(13話~15話)はこちら

愛はぽろぽろ-全話一覧

愛はぽろぽろ-あらすじ全話一覧はこちら