未分類

韓国ドラマ・伝説の魔女~愛を届けるベーカリー-あらすじと感想!最終回まで(28話~30話)


最高視聴率は31.4%!「金よ出てこい☆コンコン」のハン・ジヘが主演!

突然全てを無くした一人の女性。
パン作りという新しい夢を持ち立ち上がっていく、笑いと涙が溢れるストーリー!

「伝説の魔女~愛を届けるベーカリー」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「伝説の魔女~愛を届けるベーカリー」(28話~30話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

伝説の魔女~愛を届けるベーカリーの相関図・キャスト情報はこちら

伝説の魔女~愛を届けるベーカリー-あらすじ28話

エンランが、ジヌの存在を隠した人物だったのだ。
その事を知ったテサンは、憤りを感じる。
エンランは、シンファグループを乗っ取ろうとしていた。

 

一方、ドジンは、ミオと子供を養うために就職活動を始める。
なかなか決まらず、運転代行の仕事をすることに。

 

そんな中、真相を知ったウソクだったがポンニョに言い出せずにいた…。

伝説の魔女~愛を届けるベーカリー-あらすじ29話

ウソクとポンニョは、親子として感動の再会を果たす。
死んだジヌが生きていたという事実に、喜びの涙が溢れる。

 

その後、ポンニョとウソクは、ピョルを連れて春川を訪れる。
ウソクの記憶を取り戻すためだった。

 

エンランは、シンファグループの株主たちに会う。
テサンを会長辞任させようとしていたのだが…。

 

伝説の魔女~愛を届けるベーカリー-あらすじ30話

ウソクは、30年前に火災が発生した記憶がうっすらとよみがえる。

 

エンランは取締役員会を開き、テサンを圧迫する。
株式を操る二人の争いは、ヒートアップする。

 

広告会社のCM監督が、お店のチラシを見る。
ミオの事を気に入った監督から連絡が入る。
一方、スインとウソクの間に誤解が生まれ…。

伝説の魔女~愛を届けるベーカリー-28話~30話の感想

今さらどうやって言い出せばいいのか、わからないよね。
スインの背中を押され、よく言ったよウソク!!

 

ポンニョは本当にうれしそうだった!
死んだと思っていた息子が生きてたんだもんね。
なんかすぐには信じられない気がするけど。

 

ジュランは相変わらずだね。。
ヨンランの罠にハマって、痛い目に遭っちゃえって感じ( `ー´)ノ

伝説の魔女~愛を届けるベーカリー-次回のあらすじ

ウソクは、30年前にあった出来事をききに、テサンのもとへ。
エンランから、30年前のいきさつを聞くウソクは…

伝説の魔女~愛を届けるベーカリーのあらすじ(31話~33話)はこちら

伝説の魔女~愛を届けるベーカリー-全話一覧

伝説の魔女~愛を届けるベーカリー-あらすじ全話一覧はこちら