伝説の魔女~愛を届けるベーカリー

韓国ドラマ・伝説の魔女~愛を届けるベーカリー-あらすじと感想!最終回まで(37話~39話)


最高視聴率は31.4%!「金よ出てこい☆コンコン」のハン・ジヘが主演!

突然全てを無くした一人の女性。
パン作りという新しい夢を持ち立ち上がっていく、笑いと涙が溢れるストーリー!

「伝説の魔女~愛を届けるベーカリー」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「伝説の魔女~愛を届けるベーカリー」(37話~39話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

伝説の魔女~愛を届けるベーカリーの相関図・キャスト情報はこちら

伝説の魔女~愛を届けるベーカリー-あらすじ37話

ドヒョンとウソクの就任式が行われる。
祝賀会には、ドヒョンとスインが同行する。

 

一方、スインのパンのお店が、世界の美味しいを紹介する雑誌に掲載される。
ウォランは、プングムにプロポーズをする。

 

そんな中、ウソクは、30年前の事件の再捜査を依頼する。
その事を知ったテサンは…。

伝説の魔女~愛を届けるベーカリー-あらすじ38話

裏帳簿が見つかり、横領疑惑でウソクは検察に拘束されてしまう。
すべてはテサンの策略だった。

 

この件に不審感を抱いたドヒョンは、テサンの裏調査を開始。
ドヒョンは、エンランを訪ねて、テサンについて尋ねる

 

テサンの隠している過去を知り、衝撃を受けるドヒョン。
ドヒョンは、ある決意を固め、取締役たちを呼び出すが…。

 

伝説の魔女~愛を届けるベーカリー-あらすじ39話

ウソクは、テサンの悪事を追及する。
ドヒョンとウソクの間で葛藤するスインは、ついに決断する。
ウソクに別れを告げる。

 

しかし、ウソクはずっと待ち続けるという。
そんなウソクの言葉は、スインの心を切なくするのだった。

 

一方、シンファグループから新商品が発売される。
しかし、それはスインのパン屋の盗作品で…。

伝説の魔女~愛を届けるベーカリー-37話~39話の感想

えーまたあり得ない。
なんでドヒョンが、テサンの罪をかぶってるの…。

 

それでもって、なんでまた死んじゃうの?
ドヒョンの運命も何とも悲しい(>_<)
ウソクの気持ちも痛いほどわかるな~

 

シンファグループと戦うのは手ごわいと思うよ。
こういう小さいお店は、大企業に押しつぶされちゃうんじゃないかな。

伝説の魔女~愛を届けるベーカリー-次回のあらすじ

魔女たちは、パンを盗作されたと世間に公表する。
シンファグループの悪事を訴えて…

伝説の魔女~愛を届けるベーカリーのあらすじ(40話(最終回))はこちら

伝説の魔女~愛を届けるベーカリー-全話一覧

伝説の魔女~愛を届けるベーカリー-あらすじ全話一覧はこちら