梨泰院クラス

韓ドラ・梨泰院クラス(10話~12話)あらすじ感想【探していた家族】

『キム秘書はいったい、なぜ?』で大人気のパク・ソジュン主演!!

信念を曲げない青年が世の中の縮図を描いたような街、梨泰院でのし上がっていく痛快サクセスストーリ―!!

「梨泰院クラス」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

今回は、「梨泰院クラス」(10~12話)のあらすじと感想を 紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

-梨泰院クラス-前回までのあらすじと感想

セロイの店が入るビルを買い取り、オーナーになるチャン会長。
さらにチャン会長はイソを長家に引き抜こうとする。

そんな中、セロイはダンバムをさらに大きくするため「梨泰院クラス」という会社にすることに。

グンウォンにスカウトされたイソは、カフェでグンウォンと話をするのだが…

ゆきママ
ゆきママ
グンウォンの自白を引き出して録音するなんてさすがイソ!!

梨泰院クラス-あらすじ10話

イソにひき逃げ事件の自白を録音されたことに激怒し、イソに殴りかかるグンウォン。
イソが周囲の人たちに助けを求めたことで、大きな騒ぎになり、グンウォンは警察に連行される。
翌日、グンウォンが起こした暴行事件はニュースでも報道され、さらにイソは録音した音声をネットに上げた。

この騒動により長家の株価は暴落し、ミンジョンはこの機会を狙って株主総会でチャン会長の解任を問う計画を立て、オ刑事も事件を隠蔽した罪を告白する決意をする。

一方、チャン会長は記者会見を開く。
息子の犯した罪を認め、土下座して謝罪するチャン会長。
しかし、ひき逃げ事故に関しては自分は一切関与していなかったと訴え…

ゆきママ
ゆきママ
チャン会長は息子を切り捨てたわけね…(*_*;

梨泰院クラス-あらすじ11話

テレビ番組からオファーをうけ、出演を決めるセロイたち。

そんな中、グンスはダンバムをやめると言いだす。
家のせいかと尋ねるセロイに、自身の生い立ちについて語るグンス。
イソの言葉に背中を押されたグンスは、長家を自分のものにしようと決意していたのだった。

一方、チャン会長からのつかいでグンウォンの面会に向かうスア。
チャン会長はグンウォンの株を自分に移すよう合意書を渡すのだった。

そんな中、セロイのもとにダンバムのフランチャイズ化の話が舞い込む。
契約合意に注目が集まり、ダンバムには投資が次々と集まるようになる。

飲み会のゲームで、スアとの関係を尋ねられるセロイ。
セロイはスアに片思いしていることを打ち明け、イソを女として見たことはないと答える。

セロイの言葉にイソはショックをうけ、店を飛び出し…

ゆきママ
ゆきママ
変に期待させずにハッキリ言うのが優しさなのかもしれないけど、さすがに傷つくよね…

 

梨泰院クラス-あらすじ12話

セロイに振られたショックからヤケ酒飲むイソ。
さらにイソはしばらくダンバムを休むと言い出すのだった。

そんな中、フランチャイズ化の契約をした投資者が突如投資を撤回すると言い出す。
その裏ではチャン会長が手を回していたのだった。

投資者を探すセロイは、リストの中にトニーの祖母の名を見つける。
イソはトニーの祖母に接触し、イソを通じてセロイは投資を頼み込む。
トニーの祖母はテレビ番組での優勝を条件に出すのだが…

ゆきママ
ゆきママ
イソの想いはセロイには全く届いてないのかな…?!

梨泰院クラス-10話~12話の感想

トニーのおばあさんがキーマンになるとは!!

韓国は未だに黒人に対する偏見を持つ人が少なくないようで、特にお年寄りの中にはトニーのおばあさんのように思う人もまだ多いんだろうね(*_*;
トランスジェンダーに対しても同様みたい…
ナイーブな問題だけど、色んな人種が集まる梨泰院が舞台のこのドラマだからこそ描ける話なのかもしれないね(*^^*)

トランスジェンダーであることが知られてしまったヒョニに逃げても良いというセロイと、詩を読んで励ますイソ
それぞれ違う方法だけど、ヒョニは勇気をもらったでしょうね☆

梨泰院クラス-全話一覧