江南スキャンダル

江南スキャンダル(109話~111話)のあらすじ感想【ジンボクの陰謀】


ソドヨンが非の打ち所がない完璧男子に!アイドルグループLABOUMのヘインも出演♪

母親の手術費を稼ぐために始まった偽りの愛が、本当の愛に変わっていく!
お金のために愛を売ろうとする女性と財閥の波乱万丈なラブストーリー!

「江南スキャンダル」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「江南スキャンダル」(109話~111話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

江南スキャンダルの相関図・キャスト情報はこちら

江南スキャンダル-あらすじ109話

臨床試験を実施できないように手を回すジンボク。
ソジュンの覚悟を知るソギョンは、病院へ向かう前にソジュンが家族に宛てて手紙を書き残して行ったことを伝える。

一方、自ら検察へと向かったセヒョン。
ベッキはセヒョンを助け出すためジンボクのもとに向かい、セヒョンを検察から出せと騒ぎ立てる。

しかし、ベッキはジンボクからセヒョンが検察に行った本当の理由を聞かされ…

江南スキャンダル-あらすじ110話

検査の結果、新薬の投薬が可能であると伝えられたソジュン。
反対していたジンボクもソジュンの意志を受け入れ、さっそく新薬の投薬が進められることに。

家族に隠れて涙を流すジンボクの姿を目にし、胸を痛めるソユ。

一方、ベッキはセヒョンを手助けしていたイ室長を脅し、セヒョンが隠していたファイルを手中に収めた。

イ室長のようすがおかしいことに気がついたセヒョンは、ファイルがベッキの手に渡ったことを知る。
激怒するセヒョンの前にベッキが現れ…

 

江南スキャンダル-あらすじ111話

仕事中のソユのもとへソジュンの急変を知らせる電話がかかってくる。
その頃、病院ではソジュンの異変に気付かなかったとソギョンがジンボクから責められていた。

ソジュンの容態が急変したのはコ社長が置いて行ったお札のせいだと激怒し、自分がソジュンの看病をすると言い出すジンボク。

一方、勾留されているセヒョンのもとへと向かったベッキ。
反省の色を見せないベッキにセヒョンは最後通告を言い渡し…

江南スキャンダル-109話~111話の感想

ついに検察へ出頭したセヒョン!!
それでもまだベッキは懲りていないようで、悪あがきを続けているのね…

本当にセヒョンのことを思うなら自分がどうするべきか、いい加減わかってほしいわ(>_<)
そして、新薬を投薬したソジュンの容態が思わしくなく(/_;)

切ない場面がさらに増えてきたな(´;ω;`)
次回はソジュンの容態が快方に向かっているといいんだけど…

江南スキャンダル-次回のあらすじ

病院でソジュンを見守るソユの前に現れたベッキ。
涙を流しながら跪いくベッキに心を入れ替えたのかと思ったソユだが…

江南スキャンダルのあらすじ(112話~114話)はこちら

江南スキャンダル-全話一覧

江南スキャンダル-あらすじ全話一覧はこちら