黒騎士(BLACK KNIGHT)

【28~30話】黒騎士~永遠の約束~のネタバレと感想!ついに最終回!スホに宿った力とは!?

こんにちは、韓ドラ大好きゆきママです♪

『太陽の末裔』『雲が描いた月明かり』など数々の大ヒットドラマを生み出したKBS2の最高傑作と言われ、最終話まで同時間帯視聴率1位を獲得し続けた話題作!!

日本でも知名度が高く、韓流のジェントルマンと呼ばれるキム・レウォンと、『匂いを見る少女』『ハベクの新婦』で、実力派女優として認知されたシン・セギョン。

史上最大、最高に甘いキム・レウォンに話題沸騰!純度100%の初恋純愛ファンタジーラブロマンス。

今回は『黒騎士~永遠の約束~』の28話~30話のネタバレと個人的感想を紹介しちゃいます!

『黒騎士~永遠の約束~』28話~30話の見どころ
  • 新婚旅行先でスホが横転事故に!しかし無傷で生還して世間の話題に…謎の力がさらに強くなってしまい…。
  • 罪を償う事ができたベッキはついに長い生涯を閉じることに。一方まだ諦めていないシャロンはどうなる?
  • 不老不死になってしまったスホ、時はどんどん過ぎて行く…ずっとこのままヘラと一緒に居られるのでしょうか?

ちなみに、U-NEXTでは『黒騎士~永遠の約束~』の31話分全話の動画を、登録後31日間だけ無料視聴できますよ~♪

U-NEXTで『黒騎士~永遠の約束~』を無料で見る

【28話】黒騎士~永遠の約束~-あらすじ&ネタバレ

シャロンとパク会長が組んだことによって、スホとヘラは、またもや狙われることになります。

新婚旅行中、停まっているスホの車にコソコソと近づく人影…パク会長の手下がスホの車のブレーキに細工をした。

何も知らずひとり買い出しに出かけたスホ、ブレーキが利かず車は加速し続けて制御不能に陥り、道から転落し大破した。

道から見えない位置に落ちたため、誰にも気が付かれなく、しばらく車とスホは放置状態。

そこに偶然通りがかった高校生に発見される。

恐々と車に近づく高校生。
横転した車をスマホで撮影しながらさらに車に近づくと…大破した車の中から人が這い出てきた!

かなり大きな横転事故だったにもかかわらず、運転手が自分で脱出してきて驚く高校生。

スホは先日から何かしらの不思議な力を得て不死身の体になっていたため、横転事故などではまったく重傷にはならなかった。

事故後、病院ではなく警察に行ったスホ。
事情聴取が始まった。

運転中ブレーキが利かなくなり、事故を起こしたことと、犯人はパク会長ではないか?ということを警察に話した。

元気すぎるスホの様子から、真面目に取り合わない警察官。
スホはイライラが募って刑事に、もう少しで大変なことになることだった。
まじめに対処してください!と机に手をついて立ち上がった。

ただ普通に立ち上がっただけなのに、机に敷いてあったガラスにはひどいヒビが入った…。

スホの力は日に日に強くなっていた。
買い物を終えて、スホがヘラの元に戻ってきた。

軽い事故だと言って、事故のことを詳しく教えてもらえなかったヘラ。とりあえず、部屋で休んで。とスホを休ませた。

料理が出来上がりスホを呼ぶ。
しかし、何回呼んでも返事がない…。

疲れたのかスホはベッドで眠り込んでいる。


何度呼びかけても反応がなく、よく見るとスホは高熱を出していた。

もしかして、事故の後遺症かも?

次の服の構想を練るシャロン。
ビーズを使った華やかなドレスを作ろうと計画していた。

スングにビーズを仕入れに行こうと、声をかけたシャロンだが、スングは奥から出てきてシャロンに不思議な動画を見せた。

話題になっているというその動画は、あの高校生が撮影した大破した車の中から無傷で脱出してくるスホを捉えたものだった。

じっと動画を見るシャロン。
シャロン「この人…ムン・スホに似ていない?」
スング「言われてみれば…。」

事故が起きた場所も、新婚旅行先に近いことを知っていたシャロン。

スングは人の旦那さんだから考えるだけでもダメ!とくぎを刺したが、スングの言葉は、もはやシャロンの耳には入らない。

大事故に遭っても無傷のスホ。
自分が胸を刺した時も1日で回復していた…スホが不死身になったことを見抜いたシャロンはまた何かを企んだ…。

時間が経ってもまだ目覚める気配のないスホ。
ヘラが医者にみせたものの、体に異常は見つからなかった。
あまりにも目覚めないスホが心配になったヘラは、ベッキに電話をした。

ベッキは結婚式で緊張したのだろう、目覚めたら連絡して。
と、ヘラを安心させた。

電話を切ると同時に、ベッキの部屋に入ってきたシャロン。
すでに縁は切ったのに何の用で来たのか?と不機嫌になるベッキに、スホが不死身になったと嬉しそうに報告して帰って行った。

不死身になったスホに会うため綺麗な服を着たいと喜んでいるシャロン。

スングがあることに気が付く。
不老不死のはずのシャロンの髪にチラホラ白髪が見え始めていた。

不老のはずなのに、老化の兆しが見え始めて、うろたえたシャロンは、慌ててベッキの家に駆けこみ相談をする。

ベッキは、ミョンソとプニ…スホとヘラが結ばれたことによって、プニの呪いが解けて時が進み始めた。とシャロンに説明した。

その頃、ようやくスホが目覚めた。

大事故だったことを人から聞いた。
なぜ教えてくれなかったの?とスホを責めるヘラ。
ヘラは完全に怒ってしまって、スホは謝るしかない。

玄関のチャイムが鳴った。
訪れたのは2人の警官、犯人が見つかったことを知らせに来たのだった。

車に細工をした犯人は、防犯カメラにしっかり写っているにも関わらず。自分ではないと言い張る。

スホは犯人に、パク会長の指示か?と尋ねるが、犯人は相変わらず自分ではないと
言い張る。

すると、何もしていないのに犯人が座っていた椅子が吹き飛び、犯人は転倒。
そこに居た全員が驚いたものの、誰も何もしていない…。

自作自演をするなと言われ、椅子に座り直した犯人。
今度は室内で風が吹いているわけでもないのに、書類が飛んできて犯人の顔に当たった。
怖くなった犯人はついに、パク会長の指示だったことを認めた。

パク会長の家に突然現れた警察官。

警察「ムン・スホ氏 殺人未遂の教唆犯で逮捕します!」
と、ゴンの見ている前で会長に手錠を掛け逮捕となった。

パク会長は、ゴンに弁護士を呼ぶようにと伝え、
「48時間以内に出所するから心配するな。」

と、余裕の表情で連行されていった。

スホの会社では、記者会見が行われていた。

スホが事故に遭った時の動画、さらに父親の研究所への放火殺人、ヘラの父親の殺害、脱税や横領…すべての罪をマスコミに暴いてパク会長の悪行の数々を世間に知らしめた。

そして、町並み保存地区の住民にビラを配り、“非常識な事業家による再開発に反対する。住民のみなさんも考えなおしてください”

とパク会長による再開発に反対するよう呼びかけた。

車で帰宅するのは危険だと判断したヘラ。
新婚旅行の帰り道は高速バスにした。

バスの中では日本人観光客の女性二人がこんな話をしていた。

観光客「薬を飲まないといけないのに水を忘れてきたんだけど持っていない?どうしよう…早くソウルに着かないかなぁ…。」

ソウルに着くのはもう少し先、スホは持っていた水を差しだした。
流暢な日本語で、観光客と話すスホを見て、ヘラはビックリ!
何か国語を話せるの?と感心している。

たが、スホは特殊な能力で学んでも居ない言語までもが分かるようになっていた。

自宅に戻ったスホとヘラ。

スホの変化が、自分が不老不死になった時と同じ状態だと気が付いたベッキ。

スホにそのことを打ち明けると、事故後段々と能力が強くなっている。とスホは告白した。スホの変化が、やはり想像通りだということが分かって悲しむ。

ベッキの不老不死の話に反発していたスホも、自分の変化にどうしていいのか分からなくなり、ヘラと一緒にベッキに相談をした。

自分が不老不死になった時と同じ現象が起きていると、涙を浮かべて伝えるベッキ。
スホとヘラはそれを受け入れつつ、いつも通りに暮らすことを約束した。

ベッキはシャロンの作った三寅剣を持って宝石店に出向いた。
店主から話を聞き、プニの指輪を溶かして作ったことを確認したベッキは、スホにそのことを伝えた。

いったいプニはどんな願いを指輪に込めたのか…この願いがスホの変化のキーワードになることに気が付いた。

【28話】黒騎士~永遠の約束~-感想

ようやく一緒になれて幸せいっぱいの新婚旅行~と、思いきやパク会長の差し金で危うく事故死するところだったスホ。

パク会長もシャロンも…手に負えないほど落ちてしまいましたね。

日に日に強くなるスホの力…まさかの腕力だけでなく能力まで強くなっているなんて!このままどんどん強くなっていって、最後にはベッキやシャロンみたいに老いも死にもしない体になってしまう?

と、するといつの日かヘラがスホを追い越して老化していって、スホを置いてあの世に行ってしまうことになります…なんだかそんなの悲しすぎます。

そして、力を使った後には滾々と眠るスホ、ヘラが心配になる気持ちもわかりますね。

プニの願いが剣に閉じ込められて、絡まった形で姿を現してきました。
どんな願いで、どうなっているのか?
解くことができるのか?

またもや謎が生まれてしまって、新婚どころではないスホとヘラ。
いつになったらゆっくり幸せになれるの?とてももどかしいですね…。

【29話】黒騎士~永遠の約束~-あらすじ&ネタバレ

スホの変化が心配なヘラは、自ら申し出てローマ赴任を断った。

釈放後、シャロン洋装店を訪れたパク会長。
スホに奪われた土地を取り戻そうと、大地主であるシャロンに何とかして欲しいと頼みに来たのだった。

しかし、即座に断ったシャロン。
「あなたが悪いのよ。恥知らずの詐欺師になった。」

全く協力の意志がないことを見抜いたパク会長は、シャロンを脅し始める。
姉さんがムン・スホを殺せと!もっと金持ちになれとそそのかした!邪魔者は消せと!
同意書を書かないと、不老不死であることをバラすと脅した。

ローマへの赴任を断ったことをスホに伝えたヘラ。
喜んでくれると思いきや、相談もなしに決断したことを責められる。

責められてつい言い合いになった二人。
ヘラは、好きで断ったんじゃない、あなたが心配で…と、本音を言ってしまった。

ローマ行きを諦めたのが、予想通りの理由で苛立ったスホだったが、少し落ち着くと申し訳なくなりヘラに謝った。

ヘラも落ち着いて仲直り。そして先日シャロンに会った時の話をした。

シャロン「ムン・スホは怪物になった。ムン・スホは若い姿のまま老いゆく妻を見るのよ。」
そう言われたことを話したヘラ。

スホはすぐさまシャロンに会いに行き、姿を見せるなと言っておいたのに、ヘラに会ったことを怒った。

そして、またヘラに会うことがあったら、シャロンの秘密を世間にバラす。
と宣言した。

そう言って去ろうとするスホにシャロンは
「方法は簡単よ。ヘラと別れて縁を切れば元に戻れる。」
と投げかけた。

しかしスホは、もしそうなっても別れない、必ず添い遂げると言う。

スホを留めようと腕をつかんだシャロン。
スホが念を込めると、スホに触れていたシャロンの手がみるみる老いて老人の手になった。

急に激しく老化して、慌てたシャロン。
ベッキの調合したアロマオイルをいくら塗っても手は元に戻らなかった。

ベッキは力を振り絞って月夜に三寅剣をかざし、剣の中に込められているプニの願いを読み取っていた。

月が綺麗な夜、ミョンソにもらった指輪に月の光を浴びせて願いを込めるプニ。

「死罪にならぬように、死ぬことがないように…。」
という、プニの願いが読み取れた。

すると、ヘラから電話が入る。
ヘラも先ほどベッキが見ていたものと同じ夢を見たと言う。

ベッキに呼ばれて、ヘラはベッキに夢の話をする。
一通り話をして、プニの願かけのせいでスホがずっと死なず、永遠に生きる体になったのか?と尋ねるヘラ。

ベッキは、ヘラは何も悪くないわと話しを続ける。

ベッキの家にシャロンが現れた。
話を聞いて「ヘラが傍に居る限りスホは私たちと同類だ。」
とヘラに言う。

机の上にある三寅剣を見つけたシャロン。
返して!と手を伸ばしたが、ベッキに阻止され、手だけが異常に老化していることを見つかってしまう。

ベッキに治して欲しいと言うシャロンに、ヘラは
「本来の年齢に戻る罰よ。」と言い放った。

その言葉にカッと来たシャロンは、ついにヘラを襲う!

「お前が悪い!」と叫び、老いた手でヘラの首を絞めあげた。

ベッキは決死の思いでシャロンを振り払う。
さらに逆上したシャロンは、今度はベッキに襲い掛かった。

お互いに首をつかみ、力を込めるが、最近力が落ちてきたベッキがついにシャロンに倒された。
危機を感じたヘラはとっさに三寅剣を手にする。

その時、ヘラが出かけたことに気が付いたスホがベッキの家に到着し、危機一髪でヘラを救いだした。

シャロンを押さえつけて力を込めるスホ。
シャロンはみるみるうちに老いて、老婆に変わってしまった…

床に倒れたベッキ。どんどん薄れゆく意識
「ようやくすべてが終わったわ…スホ、2人が永遠に幸せであってほしい…何があろうとも…。」

プニとシャロンを取り換えてプニを不幸にしたこと、ずっとプニを影から見守っていたこと…スホと出会った時のこと…。

そしてスホとヘラが結婚写真を撮った日、ミョンソとプニが婚礼衣装を着て、嬉しそうにしていたのが見えた事を思い出しながら長い生涯を終えた。

スホとヘラはベッキの墓に花束を供えた。
「2人が永遠に幸せであってほしい…何があろうとも」
ベッキの残した最期の言葉を思い浮かべるスホ、改めてベッキに「誓います。」と宣言した。

ヘラはベッキの遺品を整理していた。
すると、飾り箱の中に小さなノートを見つける。

表紙をめくると、ベッキの字で“スホとヘラさんが読んでくれますように”とある。

いつの日からか、いつか冬に去ることを感じていた…いつの冬かは分からないから二人に残したい言葉を日記のようにつづるわね…。

ささやかなプレゼントがあるの、受け取って欲しいわ。

「自宅と北村(プッチョン)の伝統家屋はチョン・ヘラにクムソン地区の土地建物と、大田(テジョン)と麗水(ヨス)の土地はムン・スホに贈与します」と書かれていた。

シャロン洋装店にいつものように出勤してきたスング。

中に入ると見慣れない老人が居る…よく見るとシャロンだった!
「ここを離れて。」
と、スングに言うシャロン、もちろんスングは納得しない。

「言うとおりにして!」と大きな声で言われて、スングは戸惑った。

そんなこととは知らず、シャロンに電話をかけるパク会長。
しかし、電話はつながらない。

無視されているものと勘違いしたパク会長は部下に
「押し入るぞ!脅迫用にカメラで撮影しろ!」

と命令し、店に踏み込んだ。

突然、スホにゴンから電話が入った。
スホの会社で二人は話をする…

「父についてご存知のことを教えてください…父の悪事は僕が止めます。」
ゴンを信じられないスホは取り合わなかったが、ゴンの本気を感じてスホは全てを話した。

シャロン洋装店に乗り込んだパク会長。
大きな声でシャロンを呼ぶが、シャロンは返事をしない。

ゴンはヨンミを連れて出かけた。
着いた先は検察、見たことを全て話してくるようにと言い、ゴンはヨンミを見送った。

そしてその証言により、パク会長はシャロン洋装店の前で、再び逮捕された。

ヘラは叔母にベッキから貰った伝統家屋を贈ることにした。
大きすぎるプレゼントに驚いた叔母は、ヘラに告白する。

「私は本当の叔母じゃないの。」
母親の腹違いの姉妹だと聞いていたヘラ、知っていると答えると…

自分が借金苦で自殺直前だったところをベッキに救ってもらい、お返しとしてベッキから言われてヘラと一緒にいた事、前世でベッキは自分の子供を盗んで取り替えたと言っていたことを話した。

その時ベッキが言った「一人ずつ面倒をみましょう。」という言葉、もう一人って誰のことかしら?と叔母は不思議に思っていた。

すっかり老婆になってしまったシャロンは、スングと話をする。
シャロンに長い休暇を取るように言われたスングは、シャロン洋装店を後にすることを決意した

別れのあいさつをするスングにシャロンが口を開いた
「お願いがあるの…」

【29話】黒騎士~永遠の約束~-感想

シャロンに勝てるほどの力を身に着けたスホ。
もうシャロンに襲われても大丈夫ですね。

スホとヘラが結ばれたことで、長年の罪を晴らしたベッキは、ついに生涯を全うしました。

悲しい別れだけれど、すべてをやり切ったベッキには、ご苦労さまと言いたい気分。
200年以上生きてやっと…というベッキの悲しいけれど、待ちに待った別れは素敵でした。

ものすごいダメージを受けて、突然白髪の老婆になってしまったシャロンの方は、まだまだ未練があるようです。

そして、相変わらず自分は悪くないと思っているという…最後まで手がつけられない自己中な性格ですね。

きっとこれで力が衰えてしまって、もうヘラを狙うなんていうことはないと思いたいですが、最後にスングにするお願いとはいったいなんなのでしょうか?

そろそろ決着がつきそうですが、本当にシャロンは衰えたのか?降参するのか?
最後まで目が離せません!!

【30話】黒騎士~永遠の約束~-あらすじ&ネタバレ

ローマへの赴任を断って、いつも通り働くヘラ。
慣れた仲間たちと冗談を言い合って楽しそう。

スホもパク会長の失脚によって、町並み保存計画が上手く進んで仕事も順調。
部下たちからは、どうして何をしても上手くいくのかと尊敬のまなざしを浴びていた。

シャロンにここを離れるようにと強く言われたスングは、シャロンに従うことにした。
離れることを決意して、シャロンに別れの挨拶をするスング。

その時シャロンは「お願いがあるの…。」
と、スングに頼みごとをした。

スホとヘラの家を訪れたスング。
手にはシャロン洋装店の袋を持っている。

「最後のプレゼントだそうです。」

シャロンからの贈り物など受け取る気のないふたり…。
気まずい雰囲気の中スングは
「そう言い付けを…ヘラさんの服だとか…。」
申し訳なさそうなスング、頑張ってそれだけは伝えた。

立ち上がり、無言で袋を持ち出すスホ。
スホとヘラはその服を受け取ることなく、燃やした。

服に火が移り、燃えていく。
それと同時にシャロンの顔は徐々にしわが増えて垂み、すっかり老人に…。
そして、足元には火が…

朝鮮時代のことを思い出すシャロン。
あの日燃やしたミョンソとプニの家の様にシャロンは燃え上がって燃え尽きた…。

パク会長は逮捕され、尋問されていた。
相変わらず本当のことを何一つ答える気のないパク会長に、証拠写真を見せる刑事。
それでもパク会長は動じない。

ヘラとヨンミ、それぞれにパク会長のしたことを警察で証言した。
その証言によって、逃げ場を失くしたパク会長は、正式に逮捕されニュースになった。

パク会長が逮捕されたことによって、ヘラの父親殺しと、スホの父親の研究所への放火殺人、ヘラの父親の会社を奪った横領罪、脱税、すべてが暴かれてスホとヘラが心配していたことはすべて取り払われた。

スホとヘラは、すべてが片付いたことによって、これからも二人で静かに暮らし、“ずっと離れない”と改めて約束をした。

「結婚10周年に、例の古城に行こうか?」と言うスホ。
ヘラは
「50周年まで取っておきましょう。」という。
きっと変わらずそこにあるわ。

冗談を言いながら将来を夢見る二人はとても幸せだった。

それからしばらくして、ヘラは総括営業部に昇進、先輩もついに営業部本部長に昇進して、みんが幸せだった。

以前の本部長は脱サラをして、チキン店を開業していた。

開店祝いに訪れたヘラたち、元本部長はヘラに

「旦那は若いな。昨日ムン代表に出前を頼まれてさ。顔がまったく変わっていなかった。むしろ若返っている。」と言う。

ヘラの顔が曇る…。

あの一件以来、確かにスホは歳を取っていない。
ベッキが心配していた通り、スホは不老不死の身体になっていた。

自宅に戻ると、急にパックを始めたヘラ。
スホはおどけて自分もと言い、仲良くふたりでパックをする。
並んでパックをはがすのを待つふたり。

スホは将来の計画を話し始めた。
「医師免許を取る。地方の病院で働きたい。」

アメリカで医学を学んだスホ、韓国で医者になるには新たに免許を取ることが必要だった。

「会社はどうするの?」と聞くヘラ。
将来を計画していたスホは、自分が去った後に適任者を考えていた。

「この会社をハン室長とあなたに任せたい。」
会社を託すために呼び出したのは、ゴンだった。

ヨンミと一緒にスホの話を聞いたゴン。
僕は開発を推進する立場だったのに…と、遠慮するが、スホはそれは父親の考えであって、ゴンの意志ではなく、この仕事に詳しいゴンに会社を継いでもらいたいと話した。

不安げなゴンはヨンミを見る。
ヨンミはうれしそうに頷いている。
検討しますと言って帰ったゴンだったが、もちろん返事はYESだった。

ヘラの送別会が行われた。
せっかく昇進できたのに、退職するというヘラ。

今の生活を捨てて、スホと二人で知り合いの居ない場所で静かに暮らすためだった。
どんどん進んでいく時間、ヘラは徐々に歳を取って行ったが、スホはあいかわらず歳を取ることなく若いままだった。

引っ越し当日、引っ越し業者がヘラのことをスホの姉だと勘違いする。
そのことでものすごく落ち込んでしまったヘラは、眠れずに目が覚めてしまった。

ベッキが残したノートをめくってみる…。書き損じたのか1ページ破り取られた形跡がある以外変化はなく、有効なことは書いていなかった。
ヘラはふと思い出す
「あの女なら方法をしているかも…。」

久しぶりにシャロン洋品店を訪れたヘラ。

そこにはヘラと同じように歳を取ったスングが居た。

「あの夜帰ったら居なかった…消えてた…。10年以上経ったからもう戻ってこないかも。」
と、寂しそうに話してくれた。

帰宅して、スホの服をクリーニングに出すため整理していたヘラ。
ポケットの中に入っている物を出すために確認しながら仕分けしていると、コートのポケットから1枚の紙が出てきた。

破り取られたベッキのノートの1ページだった。

“プニの願いが小刀に込められて スホを救った。もしかしたら永遠に生かすかも。
ふたりが別れることが解決策かも知れない…”

スホが不老不死になった理由と、解決できるかも知れない策が書いてあった。

その時、突然何かを察知して急いで自宅に戻ったスホ。
予感通りヘラは出て行こうとしていた。

いつも姉や叔母に間違われることを気にしているヘラ、ゆくゆくは母親に間違えられるようになる…。
そう考えて、出ていく決心をしたのだった。

「私と別れれば元通りになれるかもしれないのよ。」
そう言って説得しようとしたが、スホは孤独より今のままがいい。
絶対に別れないと、ヘラを抱きしめた。

月日は経ってヘラはすっかり老いてしまった。
車椅子が必要なまで老いて、介護ヘルパーにはやはりスホの母親だと思われている。

やはりあいかわらずスホは若いままだった。

ベッキのノートにあった不老不死の過ごし方に沿うスホ。

地方より都会のほうが住みやすい、見つかって話題にならないように常に引っ越しを考えて身軽な暮らしを心がけておくこと。

そして
“最後までお互いを離さないこと…”

すっかり老いてしまったヘラの髪をときながらスホは思い出す。
スホの異変に気が付いた後、ヘラはこう言っていた。

「もし私に先立たれたらいい人を見つけてね。私よりきれいな人や賢い人はイヤよ。優しい人を見つけてカッコよく歳を取ってね。」

「あの世に行ったら、あなたを元に戻すよう頼んでみる。」

明るく冗談っぽくそう言って笑っていたヘラ。
刻々とその日が近付いていることをスホはヒシヒシと感じていた。

歳を取ったせいで、最近すっかり寝込むことが多くなったヘラがスホに言う
「あのお城に行く夢を見たの…」

スホとヘラはふたりが再会したスロベニアの古城へ向かった。
出会ったあの頃の思い出の地をゆっくりと散策するふたり…。

湖のほとりのベンチに座って、あの日のヘラを思い出すスホ。
ヘラは静かに話を聞いていたが、静かに眠るように息を引き取った。

ひとり残されたスホはもう居ないヘラに話しかける
「覚えておいて、たとえ二度と会えないとしても君を守り抜きたかった…黒騎士として。」

君が居たから生きてこられた、愛しているよ…。

【30話】黒騎士~永遠の約束~-感想

ヘラが心配していた通り、徐々に歳の差が離れていくふたり。
時間は待ってはくれず進み続けます。

自分と別れれば、スホは元に戻れると知って、愛しているのに旅立とうとしたヘラの気持ち…女性ならみんな共感しますよね。

それでも引き留めるスホの決意は固くて、スホの姉、伯母、そして母親に間違われるまで老いてしまったヘラをずっと大事に守り抜きます。

待ちわびて再び出会った思い出のスロベニアで、最期を過ごせてヘラは幸せですね。
スホはずっと死なない体になってしまったけれど、ヘラの“黒騎士”としてヘラが生まれ変わるのを待つのか?

それとも、ここでヘラと別れたことでスホの時が進みだすのかわかりませんが、私はきっと今後だれとも再婚せず、ヘラを待ち続ける…そんな気がしました。

黒騎士~永遠の約束~を無料で見る方法

黒騎士~永遠の約束~をリアルタイムで見逃してしまっても、U-NEXTで全話見ることができます!

U-NEXTは、『雲が描いた月明かり』や『太陽の末裔』など人気作品の独占見放題配信も多くて、韓ドラの見放題本数はなんと700本以上♥♥

U-NEXTは、31日間の無料お試し期間があります!31日間は、特に追加料金もなく無料で全話見れますよ~~~!

『入ってみて、意外と見るものないな…』

って思ったなら登録してから31日以内なら、解約しても料金はかかりません!

しかもトライアル特典として、600円分ポイントもらえるから、見放題作品以外でも最新の韓ドラが見れちゃうからおすすめですよ。

U-NEXTの無料お試しはこちら

【28話~30話】黒騎士~永遠の約束~-まとめ

度重なるシャロンの攻撃をくぐり抜けて、やっと一緒になることができたスホとヘラは、幸せいっぱいで新婚旅行に出かけたが、そこでもパク会長に狙われてしまう。

車に細工をされたことを知らずにその車で買い出しに出かけたスホは、車が横転するほどの大事故に遭います。

しかし、シャロンに刺されて以来、不思議な力が宿ったスホはまったくの無傷で生還し、それがきっかけとなって、ついにパク会長は逮捕されることに。

逮捕しても敏腕弁護士を雇ってすぐに釈放されるパク会長。
数々の悪事を働いた上に、まださらなる悪事を考えていることに嫌気がさしたゴンによりすべての悪事を暴かれてついに失脚となる。

スホの特別な力はますます強くなり、シャロンを追い込む。
そして、最後のプレゼントだとスングが届けた洋服を燃やしたことによってシャロンも長い長い執念の人生を終える。

スホはベッキの心配の通り不老不死の身体になってしまった。

どんどんと進む年月に並行して老いてゆくヘラのそばを絶対に離れないスホ。
ヘラと平穏に過ごすために、会社も辞め、何度も引っ越しをし、人生のすべてをヘラと一緒に過ごすために使った。

ふたりの思い出の地であるスロベニアで、スホが語る思い出話を聞きながらヘラも人生を終える。

黒騎士~永遠の約束~-評価とネタバレ全話一覧

黒騎士~永遠の約束~評価とネタバレ一覧はこちら