日本ドラマ「Mother」のリメイク版!演技派女優のイ・ボヨンが母を演じる!

日本で大ヒットしたドラマ「Mother」を韓国でリメイク!
心が傷ついている少女を助けるために、母親になると決めた女性のストーリー。

「Mother(マザー)」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「Mother(マザー)」(13話~15話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

Mother(マザー)の相関図・キャスト情報はこちら

Mother(マザー)-あらすじ13話

島に到着したスジンとヘナ。
スジンは警察の目を避けるため、あえて明るく振る舞い、どこでもいる普通の親子を装う。

 

島の人々もスジンとヘナに温かく迎え入れる。
しばし、幸せな時間を過ごすスジンとヘナ。

 

しかし、捜査の手は確実に迫っていた。
再び、海外への逃亡を試みるスジンだが…

Mother(マザー)-あらすじ14話

児童保護施設にヘナを預けたスジン。
ヘナは、別れる前にスジンから渡された手紙を心の支えに、一日一日を過ごす。

 

ついに警察に捕まってしまったスジン。
そんな状況でも、自分のことよりもヘナのことが心配で仕方ないのだった。

 

罪を認めるスジンだが、連れ去った理由だけには固く口をつぐむ。
それに対しジャヨンは、裁判員裁判にしたいといいだし…

 

Mother(マザー)-あらすじ15話

ヨンシンのもとに、久しぶりに娘3人が集まる。
これまで、娘たちに話せなかったことを打ち明けるヨンシン。

 

しかし、ヘナを追い出してしまったことだけが、後悔としてヨンシンの胸に残っていた。

ヘナに会うことのできないスジンの姿を見るたびに、ヨンシンは胸を痛めていたのだった。

 

一方、スジンが迎えに来ると信じて待つヘナ。
耐えきれなくなったヘナは、施設を抜け出してしまい…

Mother(マザー)-13話~15話の感想

スジンとヘナについに別れのときが…
確かにスジンのしたことは犯罪だけど、こんなにもヘナのことを大事にしているし…
このままヘナと幸せに過ごしてほしいと思ってしまう(/_;)

 

施設で一人スジンを待つヘナの姿に涙が止まらなかった(´;ω;`)
もぅ見ているのが辛くなるくらいだけど、先が気になってしまうしヘナが心配で目が離せないよ~

Mother(マザー)-次回のあらすじ

スジンに会いたい一心で、施設を抜け出したヘナ。
しかし、結局、施設に連れ戻されてしまい…

Mother(マザー)のあらすじ(16話(最終回))はこちら

Mother(マザー)-全話一覧

Mother(マザー)-あらすじ全話一覧はこちら