七日の王妃

韓国ドラマ・七日の王妃-あらすじと感想!最終回まで(19話~20話最終回)


イ・ドンゴン×ヨン・ウジン×パク・ミニョンと豪華主演の時代劇ドラマ!

7日間だけ王妃となった女性、端敬(タンギョン)王后。
実話を題材として、男女の三角関係を描いた切ないストーリー。

「七日の王妃」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「七日の王妃」(19話~20話(最終回))のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

七日の王妃の相関図・キャスト情報はこちら

七日の王妃-あらすじ19話

両親を殺されたチェギョンは、晋城大君に憎しみを感じる。
それに気づいた晋城大君は、深く傷つく。

 

そんな中燕山君は、流刑される途中、チェリン両親が殺害されたことを知る。

 

チェリンの身を案じ、逃走する燕山君。
負傷しながらも、チェリンの家に向かうのに必死だった。

 

そこで、チェリンと燕山君は鉢合わせになるが…。

七日の王妃-あらすじ20話(最終回)

チェリンを救出した晋城大君。
しかし、新しい証拠もなく、容疑者チェリンを王室に置いとくことはできないと周囲の声。

 

そんな状況を察し、チェリンは先に別れを切り出す。
一緒にいてほしいと願う晋城大君。

 

二人は悲しい別れを決意する。

 

そして38年後の歳月が流れる。
38年ぶりの再会を果たす、晋城大君とチェリンは…。

 

七日の王妃-19話~20話(最終回)の感想

王になった晋城大君は、たくましくカッコよく見えた。
やっと幸せな生活がっとおもったら、再び悲劇…。

 

悲劇の連続で涙涙涙…。

 

チェリンを守ろうとする、燕山君にも感動。
憎たらしい奴だったけど、最後はカッコいいところを見せてくれたね。

 

最後まで悲劇だったけど、最後の最後で再会できたところがよかった。

七日の王妃-全話一覧

七日の王妃-あらすじ全話一覧はこちら