夏よお願い

韓ドラ・夏よお願い(127話~128話)のあらすじ感想【愛の力】

「輝けウンス」のイ・ヨンウン主演!愉快なホームドラマ。

養子縁組で繋がっている家族。
憎いけど憎めいないような家族たちを描いた愉快なホームドラマ。

「夏よお願い」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

今回は、「夏よお願い」(127話~128話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

夏よお願いの相関図・キャスト情報はこちら

夏よお願い-前回までのあらすじと感想

クミの状態は日に日に悪化していく。
骨髄移植を決意するも、ドナーが現れず。

死にたくないと訴えるクミにサンウォンは…。

ゆきママ
ゆきママ
やっとヨルムとサンウォンと幸せになるところだったんだもん。
二人を残して死ねないよね(>_<)

夏よお願い-あらすじ127話

サンミは、ジュノが医療ボランティアで島に行くことを知る。
ヨンジンは、最後の挨拶をするためジュノを呼び出す。

実力のある優秀な医師だから、いつでも戻ってくるようにと背中を押すのだった。

そんな中、クミの骨髄適合者が現れる。
ついに骨髄移植手術がウケられると周囲は喜びに包まれる。

一方、留学に行くためサンミは両親に最後の挨拶をする。

ゆきママ
ゆきママ
サンミもジュノも新たな出発だね。
あのままズルズルいかないでよかったと思うよ(^_-)-☆

夏よお願い-あらすじ128話(最終回)

クミの骨髄ドナーが突然失踪してしまう。
サンウォンはドナーを探し出し、必死で説得する。

無事に骨髄移植手術は成功する。
歳月は流れ、白血病完治の診断をうけ退院するクミ。

その後、クミたちはヨルムが育った施設を訪れる。
そこで、一人の赤ん坊に出会い、その子を養子縁組することに…。

ゆきママ
ゆきママ
予告で家族写真を見たときは、クミの子供なのかと思ったけどそういう理由があったんだね。

夏よお願い-127話~128話(最終回)の感想

ようやく最終回を迎えましたね。
ハッピーエンドは絶望的かと思ったけどありえないくらい明るいハッピーエンドで(笑)

それでも暗い終わりよりはいいよね。
養子になった赤ちゃんもきっとクミとサンウォンに育てられて幸せに暮らせると思う。

クミとサンウォンすごくお似合い(*‘ω‘ *)
長い間の撮影本当にお疲れさまでした。

毎朝楽しませてもらいましたよ~

夏よお願い-全話一覧

夏よお願い-あらすじ全話一覧はこちら