花遊記

韓国ドラマ・花遊記-あらすじと感想!最終回まで(10話~12話)


イ・スンギが除隊後初の出演作!FTISLANDのイ・ホンギも出演する豪華キャスト!

日本でも有名な古代小説「西遊記」が題材!
ダークな世界で光を見つけようとするファンタジーロマンス!

「花遊記」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「花遊記」(10話~12話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

花遊記の相関図・キャスト情報はこちら

花遊記-あらすじ10話

三蔵法師としての能力を、すべて失ったソンミ。
ソンミが必要なくなった牛魔王は、新たな契約を結ぼうとするのだった。

 

一方、ソンミを心から愛するようになった悟空。
ソンミを守るため、旅立つ準備をはじめる。

 

そんな中、三蔵法師の血で生き返ったブジャは瞬く間に弱っていく。
猪八戒はブジャを助けるため、ある決断をするのだが…

花遊記-あらすじ11話

聖火リレーの走者に選ばれた牛魔王。
しかし、リレーの途中で暴漢に襲われ、危険な状態に陥ってしまう。

 

衝撃が走る中、暴漢の正体を追うソンミ。
犯人は、カン・デソンに関係のある人物であることを知るのだった。

 

一方、寿命が迫っていることを悟ったブジャ。
自分が妖怪になってしまう前に、燃やしてほしいと悟空に頼むのだが…

 

花遊記-あらすじ12話

緊箍児によって、死んでしまう可能性があると知った悟空。
しかし、ソンミが自分との縁を運命だと錯覚していることを知り、本当のことを伝えられずにいた。

 

そんな中、謎の石棺が発見される。
その中には、ある怨霊が封印されていることが明らかになる。

 

一方、母親を餌にブジャをおびき寄せるカン・デソン。
ブジャを石棺に閉じ込め、海に捨てろと命令するのだが…

花遊記-10話~12話の感想

今回も、聖火リレーを走る牛魔王がいい味出してたな~☆
さてさて、穏やかで平凡な生活を望んでいたソンミ!

 

三蔵法師としての能力は失われてしまったけど、それがソンミの望みならば仕方がないか(>_<)

 

悟空とソンミの関係も、切ない感じになってきちゃったなぁ…
怪しい動きをするカン・デソンにも、注目していかないとだわ!

花遊記-次回のあらすじ

千年前の結婚式の直前に、死んでしまったアサニョ。
アサニョを早く成仏させるため…

花遊記のあらすじ(13話~15話)はこちら

花遊記-全話一覧

花遊記-あらすじ全話一覧はこちら