師任堂(サイムダン)、色の日記

韓国ドラマ・師任堂(サイムダン)、色の日記-あらすじと感想!最終回まで(28話~30話最終回)


韓国視聴率50%越え「宮廷女官チャングムの誓い」以来のイ・ヨンエ主演作!

13年ぶりにイ・ヨンエが主演の注目作品!
女流画家のラブロマンス時代劇。

「師任堂(サイムダン)、色の日記」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「師任堂(サイムダン)、色の日記」(28話~30話(最終回))のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

師任堂(サイムダン)、色の日記の相関図・キャスト情報はこちら

★師任堂(サイムダン)、色の日記-あらすじ28話

ギョムは、金剛山へ向かうサイムダン必死に追いかける。
山々の頂を描きながら、二人はこれまでの不運な運命の巡り合わせを振り返る。

 

サイムダンは迷いに迷ったが、母として生きる道を選択し、その数日後ギョムだけを残して下山してしまう。
そんなサイムダンに、中宗は自宅軟禁を命じる。

 

サイムダンが軟禁されたと聞いたギョム。
彼女を救うために義禁府に出頭し、全ての罪を認めてしまう。

 

時は変わって、現代。

 

作業室で、美人図に異変が起きていることに気がついたジユン。
そこに見知らぬ男たちが、真作の金剛山図を奪おうと現れるが、ジユンは必死に抵抗する。

追いつめられたジユンは屋上で…。

★師任堂(サイムダン)、色の日記-あらすじ29話

薄れゆく意識の中で、ジユンはサイムダンと対面する。
サイムダンとの出会いは、運命に違いないと確信するジユンは、ギョムを助ける方法を彼女に伝える。

 

目覚めたサイムダンは、昔、中宗が父に渡した詩の最後の写しを世子に託し、ギョムを助けて欲しいと懇願する。

 

ギョムが流刑地へ送られる当日。
内禁衛将は命がけで彼を逃がす。

 

船を手配して待っていたサイムダンに、ギョムは「一緒についてきてほしい」と声をかける。
しかし、サイムダンは彼に、朝鮮を去ってもっと自由に生きてと別れを告げる。

 

ギョムは自分で掘った比翼鳥の判子を彼女の首にかけ、涙を流して別れを惜しむ。

 

★師任堂(サイムダン)、色の日記-あらすじ30話(最終回)

ジユンの味方側に付いたソン館長は記者会見を開き、金剛山図が偽物であることを明かす。
そして、ミン学長は初めから知っていたことを、白日の下にさらす。

 

ようやく病院で意識を取り戻したジユン。
ヘジョンから今までの経緯を聞いて安堵の表情を見せる。

 

幸せに暮らしていこうと、ミンソクに優しく話しかけるジユン。

 

時は変わって、朝鮮時代。

 

サイムダンにも平穏な日々が訪れる。
ヒョルリョンは首席で進級し、サイムダンと同居していたジギュンも、母フィウムダンと久々の再会を果たす。

 

その頃、ギョムはサイムダンを今でも恋しく想い…
イタリアの地で、彼女の面影を追い続けながら暮らしていた。

★師任堂(サイムダン)、色の日記-28話~30話(最終回)の感想

ソン館長がジユンの味方になってくれて、金剛山図が偽物だとぶちまけてくれてスッキリした♪
金剛山図の本物は、へジョンとサンヒョンがすり替えていたんだね、さっすがー!!

 

朝鮮時代で、ギョムとサイムダンが離ればなれになってしまったときは、全てを捨てて一緒になってほしいと思った。
でも、ジユンは洋館でギョムの幻を見た後、庭でギョムの生き写しと出逢うところは、ロマンチック(#^^#)

 

何百年もの時を超えて、この世に転生したサイムダンとギョムが再会したということね。
二人の心は距離と時間を超えても、固く結ばれていることが分かって安心した♪

師任堂(サイムダン)、色の日記-全話一覧

師任堂(サイムダン)、色の日記-あらすじ全話一覧はこちら