シン・ヘソンの17歳役がキュートで話題に♪切なさと面白さたっぷりのラブロマンス!

17歳から昏睡状態だった女性と世を知らずに生きてきた男性。
「今」を知らない30歳の男女が17歳のような恋愛をするラブコメディ!

「三十ですが十七です」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「三十ですが十七です」(31話~32話(最終回))のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

三十ですが十七ですの相関図・キャスト情報はこちら

三十ですが十七です-あらすじ31話

ミヒョンから叔父ヒョンギュの死を聞かされたソリ。
ヒョンギュが自分のために必死に家を守ろうとしてくれていたことを知り、涙が止まらないのだった。

 

ウジンはそんなソリを元気づけようと海に誘い出すのだった。
仕事で音楽療法というものがあると知ったソリは、音楽療法という職業に興味を持ち始める。

 

そんな中、テリンからドイツに来ないかと誘われたソリ。
悩んだ末、ソリはドイツに行く決心をするのだが…

三十ですが十七です-あらすじ32話(最終回)

ソリを見送ったあと、涙にくれるウジン。
しかし、家でソリの書いた手紙を読んだウジンは、ソリのもとへ駆け出すのだった。

 

数か月後、チャンとジェニファーは新たな生活のために家を出ることになった。
2きりでの穏やかな生活を送るソリとウジン。

 

そして、2年後。
久しぶりに家族が集まることになり…

 

三十ですが十七です-31話~32話(最終回)の感想

私もウジンと同じように、ソリはドイツに行ってしまったものだとばかり思っていたから、ソリの手紙にはビックリしちゃった!!

 

13年前の事故で辛い経験をしてきたソリとウジンだけど、幸せな結末を迎えられて本当に良かった(*^^*)
なんだか見ていると自然と笑みがこぼれてしまうような、温かい気持ちになれるドラマでした~♪

 

ウジン役のヤン・セジョンの演技もとっても素敵だったな☆
今後の活躍にも注目していきたい!

三十ですが十七です-全話一覧

三十ですが十七です-あらすじ全話一覧はこちら