シークレットブティック

韓ドラ・シークレットブティック(10話~12話)のあらすじ感想【本当の名前を捨てて生き延びた過去】

「私の名前はキム・サムスン」のキム・ソナ主演!
チャン・ミヒ、パク・ヒボンら演技派俳優たちが豪華共演☆

シークレットブティック、それは黒い欲望が入り混じる秘密の場所…

金と権力に飲み込まれていく女たちのパワーゲーム!

「シークレットブティック」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

今回は、「シークレットブティック」(10~12話)のあらすじと感想を 紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

シークレットブティック-前回までのあらすじと感想

イェナムに殺人犯の濡れ衣を着せられたソヌを助け出すため、ヒョンジを真犯人として自首させたジェニー。

ジェニーの信頼を得たヒョンジは、ミジンとイェジュンの保護を要求し、ジェニーのもとで働くことになる。

一方、ジェニーをデオ家から追い出そうとするイェナムは、ジョンヒョクの秘密を握り…

ゆきママ
ゆきママ
結局イェナムのアメリカはなくなってデオ家に残ることに…一旦和解モードって感じかな?新たな展開に期待!!

 

シークレットブティック-あらすじ10話

先日出会った占い師のお告げが気になっていたヨオク。

それ以来、30年前に海外に養子に出した少女ソジンの行方が気になって仕方なかった。
ヨオクはミセス・ワンにソジンのその後を調べさせることに。

ソジンがジェニーと同じ島の施設にいたことに気づくミセス・ワン。

ソジンとジェニーが同一人物である可能性を知ったヨオクは、ジェニーの前で真実を確かめようとするのだが…

ゆきママ
ゆきママ
ミセス・ワンは敵か味方か…?!誰を信じたらいいのかわからない(*_*;

シークレットブティック-あらすじ11話

ヨオクに封筒の中身を見ないでほしいと告げるジェニー。

封筒を開けたらデオ家を出ていくという言葉を無視したヨオクの姿を見たジェニーはそのまま家を出ていく。

一方、チョ社長の仕業により窮地に陥っていたソヌ。
命の危険が迫る中、ソヌはヒョンジによって助けられる。

そんな中、ジェニーは幼少期を過ごした島に向かい、ジェニーのあとを追いかけたソヌは2人で穏やかな時間を過ごそうとするのだが…
 

ゆきママ
ゆきママ
ミセス・ワンが敵かと思ったけど、全部ジェニーのシナリオ通りだったのね( ゚Д゚)そしてソヌはやっぱりジェニーに片思いしているのか?!ジェニーの気持ちも同じ?!

 

シークレットブティック-あらすじ12話

デオコスメティックの工場で放火が起こり、大きな問題が発生する。

駆けつけたジェニーはヨオクにデオ家を狙っている黒幕がいると忠告する。
事態の収拾をつけることができれば再びデオ家に迎え入れるというヨオクに、二つの条件を出すジェニー。

そんな中、都市開発に反対する人々を説得に向かったジェニー。
そこでもまたヒョンジの存在に助けられることになり…

ゆきママ
ゆきママ
どこまでがジェニーの計画通りなのか?!先を読む力が凄すぎる!!

シークレットブティック-10話~12話の感想

イェナムとジェニーのバトルがひと段落して、今度はヨオクとジェニーの戦いに入ってきた感じ(*_*;

ジェニーにとっては周りが敵だらけでひと時も油断ならないけど、ソヌとの時間だけは穏やかでジェニーの表情も心なしか和らいで見えた(*´▽`*)

ジェニーとソヌの微妙な関係はこれから変化していくのでしょうか?

イェナムとテソクの関係も気になる…

シークレットブティック-全話一覧

シークレットブティックのあらすじと感想、評価をまとめています!

シークレットブティック-全話あらすじと評価はこちら