イケメン演技派俳優、ナムグン・ミン主演!

変わり者の記者を、ナムグン・ミンが熱演!
世の中の真実を暴いていく記者たちのヒューマンストーリー!

「操作」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「操作」(10話~12話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

操作の相関図・キャスト情報はこちら

★操作-あらすじ10話

ムヨンは、テジュンに会って話ができた。
テジュンに真実を話すように、説得を試みるムヨン。

 

ムヨンの言葉につられて、テジュンは本心をポロッと言ってしまう。
真犯人に大金を積まれ、嘘の証言をしてソヌを裏切ったことを。。
ムヨンとソクミンはその言葉を聞き、お互いに頷く。

 

その後、2人きりになったムヨンにソクミンが強く語る。
ソラ検事と協力して真犯人を探し、真実を公表しようと。

 

ソクミンは今後はスプラッシュチームに集中すると宣言。

 

一方、ムヨンはソラに会いに行く。
ソラに大韓日報に闘いを挑もうと、力強く言うムヨン。

★操作-あらすじ11話

テウォンが大韓日報の力を利用して、ムヨンを危険な状態に晒す。
ムヨンが音を上げるまで、徹底的にやるつもりだ。

 

テウォンが関わっていたのは、ウンモ事件だけではなかった。
ソヌ事件も海上警察に手を回していたのだ。

 

テウォンは、次の作戦にもテジュンを利用することに。
しかし、テジュンはムヨンの言葉を思い出し・・・。

 

★操作-あらすじ12話

ムヨンに会いに来たテジュン。
ムヨンは、テジュンを検察のソラの部屋で待機させる事に。

 

ソラが検事室でテジュンから偽証したと、証言を取ることに成功する。
更にムヨンは、その陰に隠れていた真実も見抜く。

 

テジュンの行動により、テウォンは闘いの場を変えることにする。

 

そんな中、ヨンギはソヌの遺書を”操作”した上で公表。
マスコミはこぞって、偽物の遺書を報道しヨンギは安堵する。

 

一方、大韓日報とソヌの自殺について、愛国新聞が報道する。
突然の記事に驚くムヨン。

 

ソクミンは、一度冷静に考え直そうと思い始める。
自分たちが向かっている方角が違うと判断したのだ。
ソクミンは対抗策に頭を抱えて…

★操作-10話~12話の感想

やっぱり、テジュンは偽証だったんだよ。
親友よりもお金を取ったなんて、よく言えたもんだ!

 

でも、ムヨンの説得の甲斐あり (^-^)
テジュンに良心の呵責が芽生えてよかったね。

 

しかし、ムヨンの闘いは、テジュンの証言だけじゃ終われないんだよ。
テウォンも圧力をかけてくるしさ…!

 

ソクミンも方向転換することに気がつくとは、さすが!って感じ。
がんばれ、ソクミン!真実を突き止めよう!

 

次回もテウォンは、攻撃の手を緩めない気がする。
だって、ねちっこそうな顔してるじゃん!(笑)

★操作-次回のあらすじ

ムヨンは、兄を殺害した真犯人チョン・チャンスと出会う。
そこでソクミンは”操作”している元凶を一気に仕留めようと提案して…

操作のあらすじ(13話~15話)はこちら

操作-全話一覧

操作-あらすじ全話一覧はこちら