イケメン演技派俳優、ナムグン・ミン主演!

変わり者の記者を、ナムグン・ミンが熱演!
世の中の真実を暴いていく記者たちのヒューマンストーリー!

「操作」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「操作」(13話~15話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

操作の相関図・キャスト情報はこちら

★操作-あらすじ13話

ムヨンは、兄を殺害した真犯人チョン・チャンスと出会う。
そこでソクミンは”操作”している元凶を一気に仕留めようと提案。

 

ところが、ムヨンは反対する。
焦らずに今のままで突き進む方が良いというのだ。
ムヨンは、兄を殺害したチョン・チャンスの罪を暴く必要があると言う。

 

そんな中、ムヨンは単独行動をしていた。
過去の事件の調査をしていたのだ。

 

ムヨンはチョン・チャンスをニセの情報で誘い出す。
ムヨンは激高しながら、ソンウを陥れようとしたかと聞く。

 

チョン・チャンスも興奮しながら反論する。
ソンウには反抗できる勇気がないから、選ばれたのさと平然と答えたのだ。

 

しかし、これはムヨンの作戦だった。
チョン・チャンスの証言を録音していたのだ。

 

ムヨンは早速、チョン・チャンスの証言をネット上で公開するが…。

★操作-あらすじ14話

ムヨンは再びチョン・チャンスに会いに行く。
念のために用心棒も引きつれて。

 

ムヨンとチョン・チャンスは、殴り合いになる。
結果、チョン・チャンスを取り押さえることができたムヨン。

 

しかし、チョン・チャンスは余裕の表情。
捕まっても、すぐに出ることは簡単なだと言うチョン・チャンス。
背後にある、組織の存在を示唆するような発言。

 

ムヨンはチョン・チャンスを乗せて車を発進させる。
ところが、2人の乗った車に目がけて1台の車が追突する。

 

その車から降りてきた人物、それはチョルホ殺害の犯人だった。
その男は死にかけているチョン・チャンスに、薬を飲ませてトドメをさした。
ムヨンは遠ざかる意識の中で、その様子を目撃していた。

 

その後、病院に運ばれたムヨンはベッドの上で眠っている。
そこに、音もなく忍び込んできた男。
チョルホとチョン・チャンスを殺したあの男だった!

 

男がムヨンに注射をしようとした瞬間、ムヨンの目がカッと開く。
慌てた男に殴り掛かろうとするが、ムヨンにはフラフラだ。
逆に男に押さえつけられるが、なんとか病室から出ることができた。

 

★操作-あらすじ15話

ソラはムヨンが探しているタトゥの男は、ウンモ事件以外に関わっていると言う。
続けて、事件の立証ができる作戦を話す。

 

ムヨンに兄殺害は、本当にタトゥの男なのかと確認するソラ。
ソラはムヨンに協力を頼み、ムヨンも兄の事件解決まで共に歩もうと2人は誓い合う。

 

そん中、自殺したと思っていたソンウが警察署にいた。
ムヨンは警察官に、今後は罰するべき人物を逮捕しろ!と捨てゼリフを吐いて警察を出ていった。

 

一方、ソクミンはスプラッシュチームの名前を使い記事を公開した。
ソンウが生きていたことを、世間に知らしめた。

 

しかし、その頃テウォンもまた愛国新聞への攻撃準備をしていた。

 

そして、2社の新聞は同時刻に全く違うニュースを掲載することに。
大韓日報は、愛国新聞がソンウの自殺幇助をしたという記事。
対する愛国新聞は、ソンウは生きていたという記事。

 

世間では、この全く正反対のニュースに感心が高くなって…。

★操作-13話~15話の感想

今回は手に汗握る展開だった…!
せっかく捕まえたチョン・チャンスは、あっさりと人生にジ・エンド。
さようなら~( ´Д`)ノ

 

しかし”操作”の殺し屋も病院まで来たねー。
ムヨンが・・・と思った瞬間。
ムヨンが目を開けて見てる方もビックリしちゃったよ!

 

そして、愛国新聞と大韓日報の真っ向勝負!
どちらに軍配があがるのか?
それとも、力のある大韓日報にまたもや負けてしまうのか?

★操作-次回のあらすじ

激怒したテウォンは、ソクミンを怒鳴りつける。
ヒーロー気取りで、自分はなんでもできると勘違いしていると…

操作のあらすじ(16話~18話)はこちら

操作-全話一覧

操作-あらすじ全話一覧はこちら