初対面で愛します

韓ドラ・初対面で愛します(10話~12話)のあらすじ感想【どんどん惹かれていくガルヒ】


チンギジュがキムヨングァンの秘書に!ロマンティックコメディドラマ。

冷酷で問題ありのボスと熱血秘書。
二人が繰り広げる爽やかで甘酸っぱいラブコメディ♩

「初対面で愛します」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「初対面で愛します」(10話~12話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

初対面で愛しますの相関図・キャスト情報はこちら(準備中)

初対面で愛します-あらすじ10話

理事会で辞任を迫られてしまうミンイク。
多数決を取るなか、自分の味方だと信じていたテジュが辞任に賛成し、激しい怒りとショックを感じる。

テジュの裏切りに、3年前の出来事がよみがえるミンイク。
一方、ミンイクが辞任するという話を耳にしたガルヒは、ミンイクの家の前まで訪ねていき、辞任しないでほしいと訴える。

そんな中、ミンイクと一緒に仕事をしていたガルヒは、ミンイクからベロニカについて尋ねられ…

初対面で愛します-あらすじ11話

臨時株主総会を控えたミンイクは、徹夜で仕事を手伝わせたガルヒを一旦家に帰らせ休ませることに。
しかし、緊張のあまり眠れず、夜中にもかかわらずガルヒに電話をかけてしまう。

契約違反だと文句を言うガルヒの声を聞きながら、眠りに落ちるミンイク。
そして、2人はついに株主総会当日を迎えることに。
ミンイク以上に緊張してしまうガルヒ。

一方、ベロニカからの電話を受けたテジュは、ベロニカの突然の心変わりに慌てるのだが…

 

初対面で愛します-あらすじ12話

臨時株主総会を直前に控えたテジュの前に刑事たちがやってくる。
そんな中、株主総会でステージに立ったミンイクはガルヒ以外の人々の顔も見えることに驚く。

しかし、それは一瞬だけの出来事だった。
他の取締役たちの愚行を暴露し、辞任の危機を逃れることができたミンイク。

ミンイクは自分に協力してくれたガルヒを労うため、海辺に連れていくことに。
そこでミンイクの思いを聞いたガルヒは複雑な心境に陥ってしまい…

初対面で愛します-10話~12話の感想

株主総会の準備のためにミンイクと一緒に過ごす時間が増えたガルヒは、さらにミンイクに惹かれていき…

その一方で、自分が会ったベロニカがガルヒだとは思いもよらないミンイクは、さらにベロニカへの思いを募らせていて(*_*;

その思いをミンイクから聞かされるガルヒは切なかったでしょうね(>_<) 次回はミンイクがついに本物のベロニカと対面することになりそう!! どんな展開になるのでしょうか?!

初対面で愛します-次回のあらすじ

ベロニカに会いに行ったミンイクを見送った後、一人で海に残ったガルヒ。
亡くなった母に向かってミンイクへも気持ちを打ち明けて…

初対面で愛しますのあらすじ(13話~15話)はこちら

初対面で愛します-全話一覧

初対面で愛します-あらすじ全話一覧はこちら