たった一人の私の味方

たった一人の私の味方(106話最終回)のあらすじ感想【ドランとデリュクの運命は?】


序盤から視聴率は20%越え!除隊後初ドラマのイ・ジャンウが出演!

28年ぶりに実の父親が姿を現し、人生が激変してしまった一人の女性。
そんな父娘の二人が、人生の希望を見つけ歩んでいくヒューマンドラマ。

「たった一人の私の味方」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「たった一人の私の味方」(106話(最終回))のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

たった一人の私の味方の相関図・キャスト情報はこちら

たった一人の私の味方-あらすじ106話(最終回)

ドランを忘れるため、海外に行くと言い出すデリュク。
その話を聞いたダヤはすぐさまドランのもとへと向かい、このことを伝える。

動揺を隠せないままドランは翌日、テプンとデートに行く。
しかし、デリュクのことが頭から離れず、結局テプンに自分の本当の気持ちを告げ、空港へと向かう。

出国間際、空港で再会したデリュクとドランは抱き合い、互いの気持ちを確かめ合う。
それから2年の月日が流れ…

たった一人の私の味方-106話(最終回)の感想

最後はみんなハッピーエンドだったね~(*^^*)
個人的にはドランとテプンが上手くいってほしいなぁ~って心の隅で思ったりもしたけど、やっぱりデリュクとくっついたね♡

ラストは新しい家族も増えて、みんな幸せそうだったな♪
長編だけど中弛みもなくて面白いドラマだった~☆

視聴率が40%超えたのも納得だね!!

たった一人の私の味方-全話一覧

たった一人の私の味方-あらすじ全話一覧はこちら