大君(テグン)-愛を描く

韓国ドラマ・大君-愛を描く(不滅の恋人)-あらすじと感想!最終回まで(1話~3話)


日本でも大人気俳優ユン・シユンが朝鮮時代のイケメンを演じる!

実の弟を殺しても手に入れたかった一人の女性。
兄弟が女性を巡り争う時代劇ロマンス!

「大君テグン-愛を描く(不滅の恋人)」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「大君テグン-愛を描く(不滅の恋人)」(1話~3話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

大君テグン-愛を描く(不滅の恋人)の相関図・キャスト情報はこちら

大君テグン-愛を描く(不滅の恋人)-あらすじ1話

幼い頃から弟、フィに嫉妬してきたガン。
ガンは弟を亡き者にし、王の座を狙っていた。

そんな中、王が危篤状態となり、宮中は不安に包まれていた。
王の最期を看取ったフィ。

ガンは、フィが王の最期の言葉を聞いたことに、怒りを感じていた。
そんなガンを抱きしめ、生きて帰ってきたと告げるフィだが…

大君テグン-愛を描く(不滅の恋人)-あらすじ2話

花嫁修業を受けるジャヨン。
ある日、街に出掛けたジャヨンは、詐欺に遭いそうになる。

身分を隠して街に出掛けていたフィは、偶然ジャヨンを助けることになった。
助けてくれたフィにお礼を伝えるジャヒョン。

しかし、フィの無礼な態度に怒りをあらわにするのだった。
そんなジャヒョンをよそに、フィは「どうかこの顔と名前を忘れないでほしい」と言い残し、その場を立ち去っていくのだが…

 

大君テグン-愛を描く(不滅の恋人)-あらすじ3話

偶然にも、何度も顔を合わせることになるフィとジャヒョン。
フィは、ジャヒョンが王室に入るため、わざと偶然を装って近づいてきたと誤解する。

フィに侮辱されたと感じたジャヒョンは、フィの頬を叩いてしまうのだった。
次第にジャヒョンのことが気になりはじめたフィ。

一方、すでにナギョムとの結婚が予定されているガン。
ガンもまた、宴会で出会ったジャヒョンに惹かれていくのだった。

大君テグン-愛を描く(不滅の恋人)-1話~3話の感想

またまた面白そうなドラマがスタートしたね(*^^*)
弟を殺してまで、愛を手に入れようとする兄のガン!

一方、ただ愛する人のため、過酷な雪山で生き延び、帰ってきたフィ!
2話で、フィを演じるユン・シユンの筋肉に目が釘付けになってしまった( ´艸`)
2人の対立はどうなっていくんだろう?!

大君テグン-愛を描く(不滅の恋人)-次回のあらすじ

王の嫡流である王子が生まれ、宮中は歓喜に沸いていた。
しかし、ガンとヤンアン大君は密かに王位を狙い…

大君テグン-愛を描く(不滅の恋人)のあらすじ(4話~6話)はこちら

大君テグン-愛を描く(不滅の恋人)-全話一覧

大君テグン-愛を描く(不滅の恋人)-あらすじ全話一覧はこちら