大君(テグン)-愛を描く

韓国ドラマ・大君-愛を描く(不滅の恋人)-あらすじと感想!最終回まで(19話~20話最終回)


日本でも大人気俳優ユン・シユンが朝鮮時代のイケメンを演じる!

実の弟を殺しても手に入れたかった一人の女性。
兄弟が女性を巡り争う時代劇ロマンス!

「大君テグン-愛を描く(不滅の恋人)」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「大君テグン-愛を描く(不滅の恋人)」(19話~20話(最終回))のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

大君テグン-愛を描く(不滅の恋人)の相関図・キャスト情報はこちら

大君テグン-愛を描く(不滅の恋人)-あらすじ19話

ついに決戦の日を迎えたフィ。
フィの攻撃の合図とともに、一斉に矢が放たれた。

混乱の中、フィはガンの輿を取り囲む。
しかし、ガンの姿はそこにはなかった。

一方、キトゥクとともに幼い王を連れて宮中を目指すジャヒョン。
そんなジャヒョンの目の前にガンが現れ…

大君テグン-愛を描く(不滅の恋人)-あらすじ20話(最終回)

宮中を掌握したフィ。
一方、チャジュンとウルンは、ナギョムと監禁されたガンを救い出すため、再び宮中に潜り込む。

しかし、脱出を拒むガン。
覚悟を決めたガンは、フィとの決着をつけるため、宮中に戻る。

ついに対面した兄弟。
すべての悲劇に終止符を打つため、フィは再びガンに刃を向けるのだが…

 

大君テグン-愛を描く(不滅の恋人)-19話~20話(最終回)の感想

ついにガンとフィ兄弟の闘いが終わりを迎えて…
やっぱりどちらかが倒れるまで終えられなかったね(>_<)

フィの性格を考えて、部下に自分を切らせたガンの姿に、こんな関係になってしまったけど、やっぱり兄弟だったんだなって感じた(/_;)

ユン・シユンとチュ・サンウクの演技がすごく良かった☆
終わってしまって寂しいけど、また他のドラマでの活躍に期待したいっ!!

大君テグン-愛を描く(不滅の恋人)-全話一覧

大君テグン-愛を描く(不滅の恋人)-あらすじ全話一覧はこちら